ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドリカム、30万人動員の【ウラワン】がスタート!隠れた“裏”名曲を続々披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 DREAMS COME TRUEが9月10日、11日、さいたまスーパーアリーナを皮切りに大晦日福岡公演まで全国12都市30公演30万人を動員する全国アリーナツアー【かんぽ生命 presents DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2016】をスタートさせた。
 【裏ドリワンダーランド】通称【ウラワン】とは、4年に一度行われるグレイテストヒッツライブ【史上最強の移動遊園地 ドリカムワンダーランド】の“裏”バージョンとして、ファンの中では「これぞドリカム!」というダークサイドで音楽偏差値の高い隠れた名曲が披露される「もう1つのベストヒッツライヴ」として人気を博し、チケットは既に全会場即日ソールドアウト。
 今回は昨年5大ドームで行われた大ヒット曲のみで構成された“表”といえる【ドリカムワンダーランド 2015】とストーリーが繋がった“続編”として展開。7月に発売されオリコンチャート1位を記録しロングヒット中のスーパーウラベストアルバム「私だけのドリカム」と完全連動。中でも、この夏出演した夏フェスにてパフォーマンスを披露してきた「go for it!」では、熱気そのままに左右に振られるオーディエンスの手で会場全体がリズムをとる一体感。 

 ライブ中盤では、歌、演奏、DANCEが照明とともに縦横無尽にセンターステージを飛び回り魅了した「LOVETIDE」は、新旧ファンいずれも体を動かさずにはいられない躍動感に圧倒された。そして緩やかに終盤戦へと突入し「PROUD OF YOU」は「LALALA…」と歌われるパートで360度の大空間で会場全ての人々の声が響き渡る、そんな唯一無二のエンタテインメントライブに2日間で43,000人が熱狂した。
 今回のライブで特筆すべきは、ドリカムならではの躍動感あふれる仕掛け満載のステージセット上で展開される圧倒的なパフォーマンス。
 世界的に活躍するファッションデザイナー久保嘉男が手掛けるハイセンスな衣装とのクリエイティビティ溢れる初コラボレーションと相まって、普段披露されることが少ない“マニアックな裏曲”が今回のツアーでは“大ヒット曲以上”のインパクトを放ち会場は終始感動の渦に包まれた。
尚、今回の「裏ドリワンダーランド 2016」の模様は2017年春にBSスカパー!にて独占放送が決定。詳細は後日発表される。

◎公演情報
【かんぽ生命 presents 裏ドリワンダーランド2016】
2016年
9月10日(土)・11日(日):さいたまスーパーアリーナ
9月17日(土)・18日(日):宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
9月24日(土)・25日(日):大阪城ホール
10月1日(土)・2日(日):国立代々木競技場第一体育館
10月8日(土)・9日(日):サンドーム福井
10月22日(土)・23日(日):北海道立総合体育センター北海きたえーる
10月29日(土)・30日(日):日本ガイシホール
11月5日(土)・6日(日):静岡エコパアリーナ
11月12日(土)・13日(日):マリンメッセ福岡
11月22日(火)・23日(水・祝):大阪城ホール
12月3日(土)・4日(日):広島グリーンアリーナ
12月10日(土)・11日(日):日本ガイシホール
12月17日(土)・18日(日):愛媛県武道館
12月23日(金・祝)・24日(土):横浜アリーナ
12月30日(金)・31日(土):マリンメッセ福岡
◎DREAMS COME TRUE 2016 特設サイト
http://tickets.yahoo.co.jp/special/dct2016/

関連記事リンク(外部サイト)

DREAMS COME TRUE【2017冬季アジア札幌大会】開会式でスペシャルライブ開催
DREAMS COME TRUE 『ウラBEST!』発売日 7月7日(七夕)が“ドリカムの日”に認定
一夜限り『DREAMS COME TRUEのオールナイトニッポン』2人そろって登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP