体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストレスから自分を守るコーピングとしてのアロマの効果は?

政治・経済・社会
ストレスから自分を守るコーピングとしてのアロマの効果は?

ストレスから自分を守る方法として今注目の「コーピング」

私たちの日常で避けては通れない「ストレス」には様々な対処法が提唱されています。
その中で最近、ストレスから自分を守る方法として“コーピング”という方法が注目されています。
コーピングとはストレス対処行動のことで、ストレス反応の発生を抑え低減する行動のことを意味し、効果的なストレス対処法として、企業や学校でもメンタルヘルス対策として注目されています。

コーピングの具体的な方法は2種類に分かれます。
・問題焦点型・・ストレスの元を取り除くために、直面している問題に対策を立て解決する方法
・情動焦点型・・ストレスにより引き起こされた怒りや不安などを低減していく方法

ストレスの原因を取り除くことは中々難しいのですが、自分が受けたストレスを自分自身で減らしていける、そのような方法が簡単かつ即効的に効果を得られる方法の一つがアロマテラピーなのです。

アロマテラピーの効果効能

今回は、情動焦点型のコーピングの一つとして、ストレスに対処する為のアロマテラピー(芳香療法)の効果効能をお話したいと思います。
ストレスを適切にコントロールして自律神経をととのえ、気分よくいられるように心掛けましょう。

まず、アロマテラピーとは植物(花、葉、果皮、樹皮、樹脂、根、種子、心材、樹脂)から抽出した天然の素材で、リラックスやリフレッシュなど、心や体の不調に対して様々な働きがある芳香療法で、その効果は学術的にも明らかになっています。
昨今では認知症に対しても効果があると大学発信のエビデンスがあり、アロマショップが老人であふれたりもしました。

次に、ストレスはどのようにして発生するかについて。
ストレスは下記のようなメカニズムで発生すると言われています。
①脳でストレスを感じる
②脳の中の大脳辺縁系という部分にある偏桃体(アーモンドのような形をしている) が環境の変化や恐怖、不安を感じる
③その影響が体全体に広がりますが、ここでストレス反応が体に起こってきます。
④副腎からストレスホルモンが放出される
 →これにより心臓の心拍を上げ、血糖値を上げます
⑤自律神経の交感神経が優位になる
 →血圧上昇、心拍数上昇、血管が収縮させます

この状態というのは狩猟民族でしたら”戦闘モード”の状態です
戦闘モードが長く続くと自律神経のバランスが崩れて、心身に悪影響が起こります。
まずは、ストレスで負担のかかった脳をアロマコーピングによって緩めましょう。

ストレスに対処するためのアロマテラピーの活用法

五感の中でも嗅覚だけは快不快を司る脳に直結しており、このメカニズムのおかげでアロマテラピーによる芳香が手軽、簡単、即効的に作用していきます。
心地よい脳環境作り=ストレス軽減状態にするために、良い香りを嗅いで嗅覚経由でストレスを解消することは脳のメカニズム的にも有効な方法です。
脳の偏桃体は、環境の変化や恐怖、不安を感じる部分なのでアロマテラピー(芳香療法)の薬理作用で偏桃体を癒して心地よさを感じることも良い効果ですね。
ストレスを感じるたびに、その都度効果的な薬理作用のある天然精油を嗅ぐことは、とても簡単で手軽、即効性が期待できるメンタルセルフケアだと思います。

1 2次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会