ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カーレース業界初の無人自動運転車「Devbot」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々自動運転技術が進展していくなか、ついにカーレース業界にも人工知能で動く「Devbot」が登場した。業界史上初のその功績に注目の的となっているようだ。

・ドイツ人デザイナーが開発

注目のレースカー「Devbot」は、米国のカリフォルニア州を拠点に活動中のドイツ人デザイナー、ダニエル・サイモン氏が開発。

サイモン氏はブガッティ、ロータス・カーズなどの海外の自動車メーカーと提携しており、以前ハリウッド映画のシーンに使用される車両の製造にも携わったこともあるそうだ。

そしてこのたび、無人の自動運転車に関心を持ち、その開発に着手したというわけである。

・人工知能を搭載

Devbotの動力源はやはり人工知能だ。精巧なアルゴリズムが組み込まれているものの、どの程度の精度で動くかどうかについては現時点では不明である。

あくまでも制御ソフトウェアをテストするために開発されたものである。イングランドのドニントンパークでの走行実験は終了済みであり、今後の進展が気になるところだ。

過酷な状況下での人工知能と自動車のメカニズムとの融合によって実現したDevbot。今後の自動運転技術に変革をもたらす1台となること間違いない。

roborace

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP