体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleマップにゲーム感覚で改善に貢献できるミッション機能が追加

Google はコミュニティ参加者の協力を得ながら日々 Google マップの情報を最新に保つように改善していますが、このほど、一定のレベルを超えたローカルガイド向けにゲーミフィケーションの要素を持つミッション機能をリリースしました。ミッションとは、様々な司令を通じてプレイスページで不足している情報を埋めていくという、ゲーム感覚で改善に貢献できる機能です。ローカルガイドのレベル 4 以上のユーザーに提供されています。例えば、「Uncover missing info」のカードをタップすると、情報が不十分なプレイスページの場所が地図に表示され、そこに訪れて情報を確認したり、写真を撮影して Google マップに反映させます。最近流行りの位置情報ゲームのような手法です。また、「Check the fact」のカードでは、アプリユーザーから実際とは異なると報告のあったプレイスページに向かい情報を訂正せよ、といった任務を通じて改善に貢献できます。Source : Google

■関連記事
Android用「Gogoleアプリ」がv6.4.28.21にアップデート、「アプリ内」の設定変更が容易に
ANAの公式AndroidアプリがAndroid 7.0 Nougatをサポート
ウィズキャブ、タクシーを活用した相乗りマッチングサービス「WithCab」を9月16日に開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。