ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ストロークスのニック・ヴァレンシ率いるCRX、10月にアルバム発売決定&デビュー・シングル公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2000年代に一大ムーブメントを巻き起こし、その後も多くのバンドに多大な影響を与えたザ・ストロークス。そのギタリストであるニック・ヴァレンシが、自身初のサイド・プロジェクト=CRXを始動させることが発表された。

 バンドメンバーの中では、唯一ソロ/サイド・プロジェクトを行わなかった彼が、プロデューサーにジョシュ・オム(クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ他)を迎え、10月28日にデビュー・アルバム『ニュー・スキン』を、アメリカの名門コロムビア・レーベルよりリリースする。また、発表と同時に公開された第1弾シングル「ウェイズ・トゥ・フェイク・イット」が先行入手可能なアルバム注文予約もiTunesにてスタートした。なお、国内盤のリリースは、11月2日の予定となっている。

 CRXは、ニックがリード・ギターとヴォーカルを担当し、ドラムにラルフ・アレキサンダー、ベースにジョン・セイフリー、ギターにダリアン・ザヘディ、そしてキーボードにはGuardsやWillowzでも活動しているリッチー・ジェイムス・フォーリンを迎えて構成される5ピース・バンド。今年の8月1日に、彼らのSNSでバンド結成を表明したばかりだが、その約2週間後に行われた彼らのお披露目ライヴでは、米メディアもザ・ストロークスを彷彿させるその“強靭でメロディックなガレージ・ロック”サウンドを大絶賛している。

 ザ・ストロークスと並行し、この新たなバンドCRXでゼロから活動をスタートさせたニックは、その心境についてSNSにてファンから問われると、「めちゃくちゃ楽しいし、すごくエキサイテイングさ!子供に戻ったような気分だよ」と、その意気込みを熱っぽく語っている。バンドはすでにアメリカでの本格ライヴも発表しており、デビュー・アルバムと今後の活動に早くもシーンから熱い注目が集まっている。
 
◎リリース情報
CRX『New Skin / ニュー・スキン』
<国内盤CD>
2016/11/4 Release(予定)
SICP-5077 / 2,200円(tax out.)
<トラックリスト>
01. Ways To Fake It / ウェイズ・トゥ・フェイク・イット
02. Broken Bones / ブロークン・ボーンズ
03. Give It Up / ギヴ・イット・アップ
04. Anything / エニシング
05. Walls / ウォールズ
06. Slow Down / スロー・ダウン
07. On Edge / オン・エッジ
08. Unnatural / アンナチュラル
09. One Track Mind / ワン・トラック・マインド
10. Monkey Machine / モンキー・マシーン
※ボーナス・トラック収録予定
<配信/輸入盤CD>
2016/10/28 Release
iTunes予約先:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1149115411?app=itunes&ls=1
※iTunes、iTunes Storeは、Apple Inc.の商標

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ストロークスが【Governors Ball】出演前のウォームアップギグで新EPの収録曲を初披露!
ザ・ストロークスがジュリアンのレーベルから新作EPを発表、Apple Musicで収録曲3曲試聴可能
ピクシーズ、発売間近の新作『ヘッド・キャリア』から新MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP