ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オープンなWi-FiスポットにGoogle VPNで接続する「Wi-Fiアシスタント」を強引に有効にする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が米国を含む海外の Nexus ユーザーに提供している「Wi-Fi アシスタント」を強引に有効にする方法を紹介します。「Wi-Fi アシスタント」は、街中のオープンな Wi-Fi スポットに Google VPN を利用して自動接続する機能です。従来は Project Fi 対応の Nexus ユーザー限定の機能でしたが、最近になって Nexus であれば利用できるようになりました(日本では未提供)。この機能は「Google 接続サービス」アプリの中で提供されており、アプリを最新版にアップデートした後に Nova Launcher のアクティビティショートカットを利用してホーム画面に「Google 接続サービス」→「Wi-Fi アシスタント」のショートカットを配置すると有効にできます。VPN を利用するのでセキュリティ的に不安なオープン Wi-Fi での通信が自動的に暗号化されるようになり、ステータスバーには鍵のアイコンが表示されます。ただ、実際にオープンな Wi-Fi スポットを作り、Nexus 6P(Android 7.0)で確かめてみましたが、どうも機能しませんでした。Source : Reddit

■関連記事
中国銀行、公共料金等をスマートフォンだけで支払える新アプリを2017年1月にリリースへ
「HTC BOLT」はHTCの新型スマートフォン?
「ポケモンGo」がApple Watchに対応、「ポケモンGoプラス」も9月に発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP