ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 7後継のスペックに関する新情報、WQHDディスプレイや1,300万画素カメラを搭載するとの噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年内にも発売されると噂の Google Nexus 7 後継モデルのスペックに関する新たな噂情報がドイツで伝えられていました。Nexus 7 の後継については、名前はまだ分かっていませんが、7 インチディスプレイや Snapdragon 820 プロセッサ、4GB RAM を搭載するなど、ハイスペックな仕様になることが最近伝えられています。今回、ドイツの WEB サイト Huawei Blog は出どころを明らかにしていませんが、Nexus 7 の後継では 2,560 x 1,440 ピクセルの高解像度ディスプレイや 64GB ROM、1,300 万画素のリアカメラを搭載していると伝えました。これらのスペックは想像しだいで言える内容です。内部関係者でしか知り得ない情報が伝えられていないので信憑性はありませんが、これが実現するとなると、既存の 7 インチタブレットの中でも最高スペックの機種になると予想されます。一点だけ気になることが、、、それは、ディスプレイの解像度が WQHD というのは少し変です。スマートフォンとして開発されているのであればあり得るのですが、タブレットの多くは 16;10 ディスプレイを採用しているので、もしかすると WQXGA の間違いなのかもしれません。Source : Huawei Blog

■関連記事
Sony Mobileの新型コンパクトモデル「Xperia X Compact」が欧州で発売開始
Google Playストアアプリがv6.9.20.G-allにアップデート
Xperiaミュージックのベータ版が9.1.13.A.1.1にアップデート、マイライブラリの展開が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP