体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライブとDJの合わせ技! 声優・遠藤ゆりかの描き出すパフォーマンスにファンも大絶賛

_DSC9003_サイズ変更

2016年8月6日(土)ポニーキャニオン 1階イベントスペースにて、『遠藤ゆりか はぴゆり☆なつやすみ』が開催された。当日は昼・夜の部で構成され、トーク&DJパフォーマンス『わちゃわちゃDJたいむ』とライブイベント『はじまりのうた』の2公演で行われる。声優・アーティストだけでなく、アニソンDJとしても活躍する遠藤ゆりか(以下 遠藤)が、ステージでファンに伝えた想いとは何だったのだろうか。

_DSC8893_サイズ変更

「遠藤ゆりかって声優・アーティストじゃないの?」という方も中にはいるかもしれない。彼女は2012年に開かれた『第2回ぽにきゃん声たまオーディション』で“声たまプリンセス”(グランプリ)を獲得。2013年に放送されたテレビアニメ『断裁分離のクライムエッジ』エンディングテーマ『君と二人』でデビューを果たした。その後、テレビアニメ『Z/X IGNITION』の御影藍那役に抜擢されるなど、声優・アーティストの2つの面で活動。近年はアニソンDJとしても活躍の幅を広げ、まさに今を時めく注目の若手声優として脚光を浴びている。

_DSC8992_サイズ変更

昼の部の『わちゃわちゃDJたいむ』では、スタートから遠藤のマシンガントークが炸裂し、会場中をヒートアップさせた。前説に遠藤と同じ事務所の橘えみりが登壇し、場内ルールを説明する。終わると同時に、バトンタッチするかのごとく、主役の遠藤が持ち前の爽やかな笑顔でステージに姿を現した。彼女の登場を待ちわびていたファンから大歓声が沸き起こり、序盤からハイテンションな雰囲気を作り出していく。会場の興奮が冷めやらぬうちに、フリートークから企画コーナーへ展開され、場内から笑い声が巻き起こった。途中、ゲストに声優の花守ゆみりが加わり、2人の和気あいあいとしたゲーム&トークで、場内の熱気をさらに上昇させる。彼女たちのパワフルな会話に、オーディエンスは終始笑みを絶やすことなく、大満足の様子だった。

_DSC8925_サイズ変更 _DSC9038_サイズ変更

続いてメインのDJタイムへ突入し、それまでの流れとは打って変わり、遠藤がキレのあるDJパフォーマンスを見せる。スタートは波打ち際の浅瀬のように穏やかな雰囲気で進んでいくが、次第にアップテンポの曲調が流れ、観客の鼓膜を揺らしていった。曲中に遠藤自らセリフ部分をアフレコするなど、“来てくれたお客さんと盛り上がりたい”という想いを表現。終盤で「今日は盛り上がってくれましたかー!?」と、ファンにコメントを投げかける遠藤の姿に、まるでホールライブに参加しているような感覚を覚える。遊びに来てくれたファンを見て、場内の隅々まで見ているからこそ成せる演出に驚きを隠せなかった。

_DSC9293_サイズ変更
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。