ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「タウン Wi-Fi」の対応スポット数が国内最大級 420種・20万スポットに増加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

公衆無線 LAN サービスの接続自動化アプリ「タウン Wi-Fi」の対応スポット数が国内最大級となる 420 種・20 万スポットに拡大しました。8 月 4 日時点の対応スポット数は 244 種類だったので大幅に増加したことになります。新規の対応スポットで代表的なものは FREESPOT や USENSPOT、地方自治体が運営している Wi-Fi スポットです。タウン Wi-Fi は、対応している Wi-Fi スポットへの接続を自動化できるアプリです。認証が必要なスポットの場合は事前に情報を登録しておく必要がありますが、アプリには各スポットのフォームが用意されており簡単に必要な情報を登録できます。また、無料で開放されている Wi-Fi については、アプリのボタンをタップするだけで自動接続対象に追加できるので、いちいち Android の設定画面を開くことなく、接続を自動的に行うようにできます。Source : タウン Wi-Fi

■関連記事
XiaomiのAndroid TV「Mi Box」は米国で10月に発売予定、価格は$100未満になる模様
NTTドコモ、「Galaxy S7 edge SC-02H」に8月のセキュリティパッチを配信開始
ファミリーマートの公式AndroidアプリとFamiポートの機能を備えた「Fami ポートアプリ」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP