ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米アルバムチャート1位、バーブラ・ストライサンドが記録更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最新の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”にて、バーブラ・ストライサンドの『アンコール(ENCORE: Movie Partners Sing Broadw)』が1位となった。彼女にとって同作は11作目のNo.1アルバムとなる。加えて、フロリダ・ジョージア・ライン、ブリトニー・スピアーズ、ヤング・サグがトップ10に初登場している。

 ニールセン・ミュージックによると、ストライサンドのオールスター・コラボアルバム『アンコール』は9月1日締めの調査週で14万9,000枚相当のセールスを記録し、首位に立った。これによりストライサンドは、自身の持つ女性アーティスト最多No.1アルバム獲得記録を更新。総合ではブルース・スプリングスティーンと並ぶ歴代3位につけた。ちなみに1位は19作でザ・ビートルズ、2位は13作のジェイ・Zだ。

 今週の“Billboard 200”2位はカントリー・デュオ、フロリダ・ジョージア・ラインの『Dig Your Roots』(14万5,000ユニット売上げ、うち12万6,000枚が純粋なアルバムセールス)で、自身3作目のトップ5入りとなった。2014年の前作『Anything Goes』は19万7,000枚売上げ1位に初登場。2012年のデビュー・アルバム『Here’s to the Good Times』は10位発進で、翌年に最高4位まで上昇した。

 また、『Dig Your Roots』からのリードシングル「H.O.L.Y.」は、“Hot Country Songs”チャートで17週1位となっており、同チャート史上3位タイの首位滞在記録をマークしている。

 続く3位はブリトニー・スピアーズの最新スタジオ・アルバム『グローリー』(11万1,000ユニット、うち8万8,000枚がアルバム実売)だ。自身10作目のトップ5アルバムとなった同作からのリードシングルは、Gイージーをフィーチャーした「メイク・ミー…」で、これまでのところ米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”最高17位となっている。

 なお、ストライサンド、フロリダ・ジョージア・ライン、スピアーズはそれぞれ10万ユニット以上のセールスを記録しており、新譜の3作品が初週10万越えするのは2015年11月以来のこととなった。ちなみに前回は2015年11月19日締めの週で、ジャスティン・ビーバーの『パーパス』が初週64万9,000ユニット、ワン・ダイレクションの『メイド・イン・ザ・A.M.』が46万、ロジックの『The Incredible True Story』が13万5,000、ヤング・ジージーの『Church in These Streets』が10万7,000ユニット発進だった。

 “Billboard 200”4位は、ドレイクの元No.1アルバム『ヴューズ』だ。続く5位はフランク・オーシャンの『Blonde』で先週1位からのダウン、6位は『スーサイド・スクワッド・サウンドトラック』で先週3位からのダウンとなっている。

 7位は、先週13位からトップ10内に返り咲いたビヨンセの『レモネード』だ。おそらく8月28日に開催された【MTVビデオ・ミュージック・アワード】でのパフォーマンスと複数受賞の影響によるものだろう。同作から数曲を披露したほか、タイトル・トラックのミュージック・ビデオでは年間最優秀ビデオ賞を獲得した。

 続いて8位は、3万7,000ユニット(うちアルバム実売は1万8,000枚)を売り上げたラッパー、ヤング・サグの『Jeffery』で、自身3作目のトップ40アルバムとなった。

 9位はリアーナの『アンチ』で先週8位からのダウン。そしてトップ10を締めくくるのは、トゥエンティ・ワン・パイロッツの『ブラーリーフェイス』で先週6位からのダウンとなっている。

関連記事リンク(外部サイト)

バーブラ・ストライサンド、AppleのCEOにSiriの発音調整を直談判
バーブラ・ストライサンド、46年ぶりに【トニー賞】の舞台へ
オバマ大統領がバーブラ・ストライサンド、グロリア・エステファンらに勲章授与

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP