ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボタン1つでスマートホーム製品を制御!カラフルな操作ボタン「Pop Home Switch」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自宅のIoT化が、ますます身近になりつつある昨今。また1つ、利便性の高いプロダクトが登場した。

周辺機器メーカーLogitechから販売された「Pop Home Switch」は、スマートホーム製品をコントロールする物理的なボタン。スマートホームの操作を、3つまで登録することが可能。照明の調整や音楽を流すなど、ボタン1つで複合的なプログラムを実行できるようになっている。

・人気IoTプラットフォームと連携

照明は、Philips Hueを筆頭にInsteon、LIFX, 、Lutron。音楽ではSonosといった、人気IoTプラットフォームと連携。これらを組み合わせて、さまざまな動作を設定できるのが本品のウリ。

例えば、照明を暗くしながら音楽をかける、DVD鑑賞時にムーディーなライティングをするなど、アイディアは無限大。ユーザーの発想次第で、何通りもの操作を組めるところが面白い。Wi-Fi対応なので、専用のiOS・Androidアプリでプログラムを転送すれば、スマートフォンを使わずに操作することもできる。

・アメリカ以外での販売は未定

カラーは白、ピンク、緑、グレイの4種類。4色すべてを購入すれば、登録項目は12通りになるというわけだ。アメリカではすで販売を開始しているが、それ以外の国・地域での発売は未定。首を長くして、アナウンスを待つしかなさそうだ。

価格は、ホームスイッチ単品で39.99ドル(約4100円)。スターターパックが99.99ドル(約1万400円)。Logitechホームページか、Amazon、BEST BUYで購入可能。

Pop Home Switch

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP