ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Note7の発火問題を受けてSamsung SDI製のバッテリーの使用を停止したと報じられる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy Note 7 の発火問題を受けて先週末に世界規模のリコールの実施が発表されましたが、その原因となったバッテリーのサプライヤーが Samsung のグループ企業である Samsung SDI 製だという情報を韓国メディアが報じました。Samsung はリコールの原因がバッテリー自体にあるとプレスリリースで言及しており、それが Samsung グループの製品だとすると Samsung の信用はガタ落ちです。Samsung はバッテリーサプライヤーを公表していませんが、報道によると、Samsung は発火事故の可能性を踏まえて当面は Samsung SDI 製のバッテリーの使用を停止したと伝えられています。この動きは Samsung SDI 製のバッテリーに問題があったことを示唆しています。また、Galaxy Note 7 の 70% に Samsung SDI 製のバッテリーが使用されており、残りの 30% には中国サプライヤーの ATL 製が使用されているそうです。Samsung はプレスリリースの中で発火による事故報告が 1 日の時点で 100 万台あたりたった 24 台として全体からすると割合は小さいことを強調していましたが、Samsung SDI 製の全てが問題を抱えているなると、事故件数はさらに増える可能性が出てきます。こういった事情を踏まえて早急にリコールにうって出たのかもしれません。Source : Korea Herald

■関連記事
Archos、13.3インチビッグサイズのAndroidタブレット「Archos 133 Oxygen」を発表
NTTドコモのdヒッツで「BOØWY」の全楽曲が配信開始
プラスワン、SAMURAI MIYABIのソフトウェアアップデートを開始、シャッターの消音機能などを追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP