ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森の中、オールナイト映画祭で「ゆめうつつ」を味わう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。9月に入り、夜には秋の涼しさを肌でも感じられるようになってきましたが、9月5日(月)のオンエアではそんな秋の夜長にピッタリなイベント「夜空と交差する森の映画祭2016」を紹介しました。

詳しいお話を伺ったのは「夜空と交差する森の映画祭2016」の代表で映像クリエイターの佐藤大輔さん。ご自身も映像作品を制作されていて、最近監督されたのが、三戸なつめ主演の短編映画「cut back」。佐藤さんは制作活動の傍ら、森の映画祭の企画・運営をされています。

来月10月8日(土)から翌朝にかけて、山梨県北杜市白州・尾白の森名水公園「べるが」で開催される「夜空と交差する森の映画祭2016」。今年で3回目の開催となるオールナイトイベントで、朝まで複数のスクリーンでさまざまな映画が楽しめます。

「今年は4つのスクリーンがあるのですが、映画を観たり、フードコートに行ったり、ワークショップをしたり、テントに戻ったり、とにかく自由に楽しめるイベントになっています」と佐藤さん。

さらに、オールナイトイベントならではの「朝焼け」を迎えることができるのですが、森の中で体験できるので、すごく不思議な感覚になれるのだそう。

さらに、タイトルにも“夜空と交差する”とあるように、夜の星空を楽しむことができるのもこのイベントの魅力の一つ。昨年は大晴天で星がかなり見えたそうです。野外なので天候が気になりますが、ぜひ晴れることを皆で祈りましょう!

ところで、昨年の全体テーマは「冒険」でしたが、今年のテーマは「ゆめうつつ」。

「森の中で朝焼けを迎えると不思議な気分になる。夢なのか現実なのか…っていう気分になれるイベントなので、今年はテーマを“ゆめうつつ”にしたくて。それに則ってステージなどの美術も作ってます」

映画、自然を満喫できるのはもちろん、こだわりの美術による世界観も楽しめそうです。会場には4つのスクリーンが用意されているそうなのですが、どういった映画が上映されるのでしょうか?

「メインのステージでは長編映画をやります。他のステージはサブステージで、短編映画を上映します」

具体的には、メインステージでは『アメリ』『ソラニン』『パプリカ』を上映。サブステージで上映される短編は“特定の人が見た特定の夢”をイメージしていて、例えば“お風呂のすいへいせん”ステージでは「女の人がお風呂に入って、うたた寝した夢の世界」を描いた作品。“ぼくの押入れ”ステージでは、「子どもが秘密基地にしている押入れで、遊び疲れて寝ちゃった」という作品など、それぞれのステージのテーマに沿った短編作品が上映されるそうです。

森の中で観る映画、そして映画を楽しんだ後に待っている朝焼け。体験した人にしか分からない感動が待っていそうですね♪

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP