ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“持ち運べるエアコン”「Zero Breeze」はパワフルなバッテリーで5時間もつ!スピーカーやLEDライトにもなるマルチ機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アウトドアに行ったときに、ひたすら外気温の暑さに耐えるしかない……なんていう目に遭わなくてすみそうなツールが登場している。

「Zero Breeze」というポータブルタイプのエアコンで、Bluetoothスピーカー、夜間のライト、スマートフォンの充電器としても使えるマルチ機能がウレシイ。

・“回転圧縮機”を採用、持ち運べるサイズ感を実現

本体サイズは、長さ約48、幅約20、高さ約28センチメートルで、重量が約6.3キログラム。持ち歩くのに支障ないサイズ感だ。

「Zero Breeze」には“回転圧縮機”が用いられており、これにより効率的に冷却をしつつ、持ち運べるサイズを実現。約4.6平方メートルの空間を、最大で6.7度まで冷却するパワフルさ。

3つのファンスピード&冷却設定から選ぶことができる。屋内、テント内などで使用するときは、専用のホースをつなげて、一方の末端を外に出して排出できるようにするとよい。

・スマホ充電器、スピーカーとして使うこともできる

USBポートが2つ付いており、同時に2台の電子デバイスの充電ができる。

他にも、3ワットのBluetoothスピーカーとして使い、直接「Zero Breeze」から操作してボリューム調整をしたり、曲をスキップしたりできる。

250ルーメンのLEDライト(最大で連続3万時間使用可能)にもなり、夜間の光源として重宝する。

超パワフルなバッテリーは、ミディアムモード使用だとおよそ5時間の連続使用が可能だ。また、フルチャージには5時間かかる。

・目標金額の4.5倍達成

ミストや氷の冷気で冷やすタイプではなく、正真正銘のポータブルエアコン「Zero Breeze」は、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで10月1日まで出資を募集中。すでに目標金額10万ドル(約1000万円)をはるかに超える45万ドル以上(約4500万円)の資金を集めている。

Zero Breeze

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP