体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】多くのゲームプレイヤーが「自分のほうが面白いゲームを作れる」と思っている事が判明

game1

世界に誇れる日本の文化として、テレビゲームがある。ファミコン、プレイステーション、セガサターン、プレイディア、ドリームキャスト、そのすべてが日本のブランドが発売したゲーム機である。それゆえ、日本はゲームソフト自体のクオリティも高水準だと言われている。

・自分のほうが面白いゲームを作れる
しかしながら、多くの日本人ゲームプレイヤーが「自分のほうが面白いゲームを作れる」と思っている事が判明した。こは日本人200人にアンケート調査をした結果で、そのうち71人(35.5%)が「自分のほうが面白いゲームを作れる」と思ったことがあると返答した。

game2 game11

・「クソゲー」と呼ばれるゲーム
確かに、買って損したゲーム、難しいすぎてイラつくゲーム、プレイヤーの気持ちを無視したゲーム、あらゆる「クソゲー」と呼ばれるゲームが世の中には存在する。なかには「ここさえ良ければ名作なのに!」と思う惜しいゲームも存在する。そんなゲームをプレイするたびに、「自分のほうが面白いゲームを作れる」と思ってしまうようだ。

・ゲームメーカーに問い合わせる?
皆さんは「自分のほうが面白いゲームを作れる」と思ったことはないだろうか。良いアイデアがあるなら、ダメモトでゲームメーカーに問い合わせをしてみるのもアリだ。もしかすると、ゲーム業界に革命を起こすゲームになるかもしれない。

もっと詳しく読む: 多くの日本人ゲーマーが「自分のほうが面白いゲームを作れる」と思っている事が判明(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/09/04/game-omoshiroi/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会