体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】有塩バターが味の決め手!幻の『アンプレス』を食べてみた @『ショパン』

chopin017_R

秋葉原の美味しい食べ物を網羅するガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、あえて言おう!

「食レポが簡単だと思ってる奴、ちょっと来い。」

ただ食べて写真撮って適当に批評してると思われがちですが、ぶっちゃけスゲー大変なんで、今回はそこら辺もアピールしておこうと思います。

それなりの知識が必要不可欠である!

ryouri-hon003_R

料理や食べ物に関する勉強の為に買った本も、いつしか山となりました……。

これらの料理本は料理に関する知識を深めるのに必要不可欠でして、それぞれの料理の肝というか大事な部分を知る為に読んでいます。

ま、僕は予算の都合上“フレンチ”“イタリアン”も縁がないのですが、それでも勉強は必要です。

ryouri-hon010_R

カレーに関する知識も必要ですので、カレーの本も何冊もあります。さらに料理のトレンドを知る為の情報誌も読みます。特にラーメンはトレンドの変化が激しいので必須ですね。

ryouri-hon009_R

無論、本を読んだだけで全てを知ったつもりになるのは危険ですが、これらの知識もなしに人が作った料理を批評するのは、軽薄な行為と言われても仕方ありません。

最低限の知識、情報は書く側も知っておく必要があるのです。ここら辺が、いわゆる某サイトの“レビュアー”“プロ”との差でしょうか?

料理も出来なければならない

katuo

車の運転が出来ない人が書いたカーレビューが無意味なように、料理がまるで出来ない人が人の料理をとやかく言うのは滑稽です。

さらに“料理の難しさ、大変さ、奥深さ”などの料理人が味わう苦労を知る為にも料理の勉強は不可欠です。

sause061_R

ソーセージも作りますし、ラーメン用の麺を製麺したりします。

DSCF0598_R

ちなみに最近のマイブームは“ビリヤニ”です。

一度に4食は当たり前!

kotochiki-4_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会