ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Project Ara発売計画の中断後、開発を指揮してきたMakoski氏はNexpaqに移籍

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が 3 年もの間、開発に取り組んできたモジュール型スマートフォン「Project Ara」の計画中断が確認された後、同プロジェクトを率いてきた Google ATAP のデザインチーフ Dan Makoski 氏が Nexpaq と呼ばれる新興企業に移籍したことが分かりました。Nexpaq は Kickstarter で Ara と同じコンセプトのモジュール型スマートフォンケースの資金調達キャンペーンを実施したスタートアップ企業で、同社も Twitter を通じて彼の移籍を認めています。

Looks like the cat is out of the bag.#Projectara founder officially working with nexpaq :

https://t.co/J3dXSLKCDP@mak0ski #startup #IOT— nexpaq (@nexpaq) 2016年9月2日

Nexpaq は様々なハードウェアをパーツ化した “モジュール” をスマートフォンに装着できるケース。Project Ara はモジュール自体がスマートフォンの動作に必要なハードウェアとなっていますが、nexpaq は普通のスマートフォンに取り付けるタイプの製品なので、スマートフォンの機能を拡張するだけになります(CPU や RAM を強化するようなことは出来なさそうです)。Via : 9to5Google

■関連記事
Android版「Photoshop Express」がv3.0にバージョンアップ、アプリUIがリニューアル
Pixel XL(Marlin)のカメラセンサーは前後ともSony製
LG V20の新たな画像が流出、カラバリは3色?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP