ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パクリまみれのK-POPグループ「アフタースクール」 セクシー衣装から振り付けまで

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


韓国の9人組ガールズグループ『AFTERSCHOOL(アフタースクール)』に、パクリ疑惑が持ち上がっている。アフタースクールはシングル『Bang!』で2011年8月17日に日本デビューを果たしたダンスポップユニット。韓国ではその抜群なスタイルと、圧倒的なパフォーマンス、そして魅力あふれる歌声で高い人気を獲得している。

今回、パクリ疑惑が指摘されているのは、今月23日発売のセカンドシングル『DIVA』で身につけているセクシーな衣装。レザー素材のブラウスにピンク色のふわふわしたミニスカート、さらに黒色のリボンが足にグルグルと巻き付いた、超セクシーなデザインとなっている。同曲が収録されたCDのジャケット写真をはじめ、ミュージックビデオ、ホームページにもこの衣装を身につけたアフタースクールが登場している。

しかし、この写真を見たインターネットユーザーらは、海外のファッション誌に掲載されたトップモデルのフレジャ・ベハの写真と酷似していると指摘。確かに2つの写真を比べると、服の素材からデザイン、足に巻き付けたリボンまで全く同じである。「影響を受けた」との表現では済まされないくらいの、丸パクリ衣装だ。

アフタースクールにパクリ疑惑が持ち上がるのは、今回が始めてではない。2010年4月に韓国で『Bang!』を発表した際も、コンセプトや振り付けをめぐりパクリ疑惑が持ち上がった。同曲ではアフタースクールがマーチングパフォーマンスを披露するのだが、その構成がイタリア人アーティストAlex Gaudinoの「Destination Calabria」のミュージックビデオと、振り付けがドイツの振付師がYouTube上で公開したダンスとそっくりだという指摘がなされ、物議をかもした。現在もYouTubeには、アフタースクールのパクリを検証する映像が公開されている。

このように、新曲を発表するたび、何らかの疑惑が浮上するアフタースクールは。毎回パクリ疑惑にまみれることから、一部からはノイズマーケティングではないかとの指摘があるほどだ。今回問題となっている衣装についてだが、韓国側の所属事務所関係者は、「アルバムジャケットの衣装は、私たちが制作したものではない。日本進出アルバムに盗作疑惑が持ち上がり残念だ」「現在は日本側に詳しい経緯を確認している」と説明している。

※画像:STER NEWS/financial newsより引用

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP