ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東南アジアで必食! カレーとご飯が食べ放題の「バナナリーフ・ライス」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C) sweetsholic

バナナの葉の上にご飯やおかずをのせて、カレーをかけていただく南インド発祥の「バナナリーフ・ライス」。とっても安いのに、ご飯やカレーはおかわり自由という、金欠気味の旅人にとっては夢のようなメニューです。

好きなだけ食べてOK! バナナリーフ・ライス

バナナリーフ・ライスは、南インドではもちろん、南インドからの移民が多く暮らすマレーシアやシンガポールなどの東南アジアの国々で、広く親しまれている料理です。ご飯、チキン、フィッシュ、ダール豆など数種類のカレー、真っ赤なゴーヤのフライ、パリパリッとした円盤形のパパダム、キュウリのヨーグルトマリネ「ライタ」、ピクルス「アチャール」、煮込み野菜などがバナナの葉(バナナリーフ)で供されます。


(C) sweetsholic

ご飯とカレーはおかわり自由! そう、好きなだけ食べられるんです。おかわりしたいときには、レストラン内にいるカレーの容器を持ったお店の店員さんに声をかけてみましょう。

写真はどこの店でも似たようなバナナリーフのセットメニューで7.5リンギッド(約190円)。別料金になりますが、このデフォルトメニューにフライドチキンやマトン、魚のフライにシーフードや卵料理などを付けることもできます。

■関連記事
【気になる世界の朝ごはん】スパイシーな刺激で眠気スッキリ! マレーシア編
http://tabizine.jp/2016/08/17/88665/

インド系マレーシア人に訊く! 食べ方とマナー


(C) sweetsholic

クアラルンプール市内にある「Devi’s Corner」のバナナリーフ・ライス。おかわり自由な蟹カレーのおいしさにビックリ!

ルーツは南インドという、インド系マレーシア人の友人に食べ方のコツを教えてもらいました。ご飯とカレーはバナナリーフの手前にサーブされるため、付け合わせのマリネやピクルス、煮込み野菜などは奥側に並べます。

カレーとご飯、付け合わせを混ぜ合わせながら、右手で食べるのが本場流。ただし、慣れないとなかなか難しいので、スプーンとフォークを使っても大丈夫です。食べ終わったら「ごちそうさま」の意味を込めてバナナリーフを奥側から手前側に横半分にたたんでおきましょう。手前側から奥に向かってたたむのは、主に葬儀のときだそうなので、お気をつけください。

クアラルンプール市内でおすすめの店

マレーシア政府観光局の公式ブログには、バナナリーフ・ライスに定評のあるクアラルンプール市内のレストランが記載されています。バンサー・ヴィレッジという外国人にも人気の華やかなエリアにある「Devi’s Corner」は、インド系マレーシア人の友人たちもお気に入りのレストランのひとつです。

食べ終わったらそのまま廃棄できるところが、とってもエコ。東南アジアの旅行中、バナナリーフのレストランを見つけたら、立ち寄ってみてはいかがでしょう? 思い出に残る、素敵な体験になるはずです。

[blog.tourism.gov.my]
[Photo by Shutterstock.com]

■関連記事
母国と違う!マレーシア人が日本に来て驚いたこと9選
http://tabizine.jp/2016/07/01/79791/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP