体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年Q2の国内スマートフォン出荷シェア、Appleはほぼ半数の49.4%

IDC Japan は 8 月 31 日、2016 年 Q2(4 ~ 6 月)の国内における携帯電話の出荷台数に関する調査結果を公開しました。同社によると、携帯電話の総出荷台数は 705 万台と前の年の同じ期間から 2.5% 減少した中で、スマートンは 619 万台と前の年の同じ期間から 1.8% ほど増加しています。スマートフォンのプラス成長と全体のマイナス成長の改善について同社は、iPhone の出荷台数の大幅増(28.8% 増)が大きな要因になっていると分析されています。メーカー別のスマートフォン出荷台数シェアは、トップが Apple(49.4%)、2 以降は、Sony(15.8%)、シャープ(11.3%)、京セラ(8.7%)、富士通(6.5%)となっています。iPhone がほぼ半数だったということです。Source : IDC

■関連記事
LG、V20でセカンドディスプレイの搭載を認める、「In Apps」と呼ばれるGoogle検索機能のショートカットアプリも搭載
Galaxy Folder 2の実機写真が流出
One Technology Japan、スマートフォン向けテニスゲーム「エアK2」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。