体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コケ観察セットは、ルーペの使い方から違う!

コケ観察セットは、ルーペの使い方から違う!
J-WAVE月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。8月30日(火)のオンエアでは、発売されたばかりで早くも話題となっている「コケ観察セット」を紹介しました。

「コケ」と聞くと、鬱蒼としたところでひっそりとたたずむイメージがありますが、最近、コケが女性たちの間で人気急上昇中です。

そんなコケを観察するために、ルーペや霧吹き、ピンセット、そしてガイドブックがセットとなった「コケ観察セット」が発売されました!

しかも、発売したのは天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡やルーペなどを扱う、総合光学機器メーカーの「Vixen(ビクセン)」。担当者は「コケはどれも同じように感じますが、たくさんの種類があり、コケの世界を皆さんに楽しんでいただけたら」との思いもあって開発したそうです。

セットにはコケの観察に適した「メタルルーペ」が入っています。通常、読書などに使うルーペの倍率が2〜3倍なのに対して、この「メタルルーペ」は10倍です。植物の観察のほか鉱物、虫など、さまざまな自然観察をするのに適したルーペは倍率10倍なのだそうです。

ルーペの使用法も、私たちがイメージしている使い方とは少し違うようです。

「高倍率のルーペなので、見たいものにルーペを近づけるのではなく、目にルーペを近づけて、見たいものにグっと近づけます。そして片目を閉じてみると、ミクロの世界が飛び込んできます」(Vixen担当者)

話を聞いているうちに、いろいろなものを観察したくなりますが、セミの抜け殻もおすすめだそうです。さらにスマートフォンのレンズにかぶせると、ミクロの世界を撮影することもできるそうです。

コケの写真や解説を掲載した「コケ観察ガイドブック」もついています。コケが生えている場所は湿度が高かったり、水辺が多いことから、水分に強い”ストーンシート”を使用してつくられていますので、濡れた場所に落としてしまっても、簡単に破れたりしないので安心です。

「コケ観察セット」を通して、自然界のミクロの世界に浸ってみませんか♪

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会