ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【涼グルメまとめ】残暑を乗り切る冷えっ冷えの涼グルメ、凍えるほど食らう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かき氷を食べ過ぎてお腹こわした、『メシ通』編集部です。

冷えていればいいというものではないが、冷やし系のメシはなかなか夏にしか味わえない。せっかくの夏、冷やすことでうまい食事を集めてみました。

まずは福岡にあるお店「あま太郎」の「ひやしちんめん」。

昭和37年から約50年、地元福岡民にとっては愛される有名店だそう。

こちらが名物「ひやしちんめん」に「ぜんざい」を追加。あま太郎の名の通り、創業時は甘味どころだったのだとか!? ぜんざいはその名残のようです。

スープは鶏ガラをベースに、お醤油などで味を整えたさっぱり系。加えて、ごま油の良い香りが食欲をそそります。


具材を押しのけようやくお目見えする麺は、細め・平型のたまご麺。冷水でキュッと締めた細麺は、口に入れるとプリプリッとしたコシがあり、しっかり冷やしたスープとの絡みも最高です!

「かきあげちんめん」や、ちゃんぽん風の「は菜まるちんめん」など、バラエティに富んでいるところも魅力。福岡と言えばとんこつラーメン、のイメージですが、夏は冷えた「ちんめん」をいただいてみたいですね!

次の「冷やし」は山形名物、冷やしラーメン。東京でひとつのブームを巻き起こしている山形ラーメンには、誕生秘話と正しい食べ方があるそうですよ!

おろし中華 。

ラーメンブロガーのメシ通ライターが訪れたお店は山形県天童市「麺屋いばらき」。

実は山形県、ラーメン消費量が日本一を誇るんだそう。そんな激戦区にあって、どうやって冷やしラーメンが誕生したのか!? 実は冷やすと油が固まってしまい、冷やしラーメンの開発にはとても苦労したのだとか。

誕生秘話には、父の代から受け継がれる親子の物語が隠されていたのでした!

……続きは本編でどうぞ。

最後は、誰もが知るやよい軒にある「冷汁」に挑みます。

冷汁、それは宮崎県の郷土料理。しかし味噌汁に焼き魚にキュウリが入っているというその珍妙? な組み合わせに二の足を踏んでいる方もいるのでは。恐るることなかれ、それは勇み足であることをここでお伝えしよう。

夏季限定メニュー「冷汁ととり南蛮の定食」。


クラッシュアイス入りのキンキンに冷えた「冷汁」に、アジを投入。なんだか魚臭くなりそうな気もしないでもないのだが……。ちなみに「冷汁」だけ飲んでみたところ、少し酸っぱい味噌汁という印象。


ここにホカホカご飯(おかわり)を入れ、いざ実食。

!!!!!

アジの甘みが「冷汁」の酸味とマッチして、とってもおいしい! アジを入れることに抵抗があったが、むしろ入れて食べたほうがおいしい。

詳細レポートはこちらでどうぞ。

暑い、暑い! と思っていても、夏はあっという間に過ぎていきます。夏にしか食べられない冷やしメシを、ぜひ堪能してみませんか?

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:「メシ通」編集部

食を楽しみたい人のためのWebマガジン「メシ通」編集部です。 Twitter:@mesitsu

関連記事リンク(外部サイト)

パクチストたち、常備せよ! すべての料理にかけたいパクチーオイルを作ってみた
【激ウマ注意】〝魔法のスナックパウダー〟でいろんなポテチ味を作ってみた【料理解析】
くさやマニア垂涎の「金目鯛くさや」と「島酒」と「魚バーガー」を堪能した夜【新島】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP