体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】カツ丼vs天丼 仁義なき戦いに終止符を打つ! @『春日』

kasuga-tenkatu021_R

もはや秋葉原で不動の地位を確立したと思われるガジェット通信ですが、あえて言おう!

「秋葉原のポテンシャルやべぇ!!」

それとなく始まった“ガジェ通秋葉原制覇”ですが、こうして記事を進めている間にも新店がオープンする勢いでして、言うなれば終わりの無い沼にハマッた感は否めません。

しかし!

筆者(YELLOW)の健康と引き替えに、より確実で信頼性のある食レポを届けるのは恐らく意義のある事と思われますので、ここは完全制覇を目指してヤルだけで御座います。

秋葉原で『春日』に行ってない奴www

kasuga-tenkatu000_R

まず、飲食に関しては不自由する気がしないレベルで充実している秋葉原ですが、みなさんは秋葉原のポテンシャルを100%引き出せているのでしょうか?

これだけ秋葉原を食べ歩いている筆者ですら、まだ体感としては73%くらいの勢いでして、よほどのマニアで無い限りは秋葉原を制覇したと断言出来る人はいないと思います。

しかし!

そんな73%野郎な筆者ですが、とりあえずこの店にだけ行っておけ、むしろ行って下さいコノ野郎って店が『春日』で御座います。

kasuga-tenkatu001_R

無論、春日は“世界で一番有名な蕎麦屋の出前持ち”としての写真(若かりし頃の店主)が飾ってあるレベルの蕎麦処ですが、実は古くからの常連さん達からの裏メニュー的な何かが表メニューになっている店でもあります。

kasu-hiyatanu013_R

例えば秋葉原の夏を感じる『冷やしたぬき』等のボリュームあるパワーメニューは、男性客のみならず女子層にも絶大な人気を誇っています。

『春日』と言えば正統派な蕎麦屋さんですが、何気にここら辺のメニューの自由度の高さも魅力だったりするのです。

カツ丼 VS 天丼

kasuga-tenkatu003_R

そして!

常に「蕎麦屋のカツ丼は美味い説」を説く筆者ですが、同時に蕎麦屋の天丼もマストアイテムである事は強調しておきたいですね。

kasuga-tenkatu004_R

どちらも肝となるのは出汁と言うかカエシでして、この完成度の高さで言えば、やはり蕎麦屋が有利であるのは言うまでもありません。

それでは、もしも蕎麦屋でカツ丼と天丼を迷ったら、どちらを食べるのが正解なのでしょうか?

kasuga-tenkatu005_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。