体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【決定版】カンタンうまい「冷や汁」入門! すり鉢不要& いつもの味噌でOKです

f:id:Meshi2_Writer:20160822123745j:plain

「冷や汁」、ご存じですか?

こんにちは、郷土料理を研究しているフードライターの白央篤司です。

冷や汁は宮崎県の郷土料理と思われがちですが、実際は日本各地で昔から食べられているもの。きょうはそのごく簡単な作り方と、「本格的にやってみたい!」という方向けのレシピ、そしてちょっと変化球メニューの3本立てでお伝えしますよ。

残暑きびしいお昼などに、ぜひ試してみてください。

「冷たい味噌汁」にしないためのコツ

f:id:Meshi2_Writer:20160822103359j:plain

まず、一般的な「冷や汁」のレシピを確認してみましょう。宮崎でよく食べられているレシピを参考にしてみます。

1:いりこ、ゴマをフライパンなどでから煎りする。

2:すり鉢に①、味噌を入れてよくすり上げる。

3:よくすり混ぜた②の味噌に焼き目をつける。

4:キュウリを輪切りにして塩揉みしておく。大葉は千切り、ミョウガは小口切りにする。

5:③の味噌を水で溶く。

6:④の野菜類を好みの量加える。ごはんにかけていただく。

と、いうものです。

まずもって、大前提となるのが

f:id:Meshi2_Writer:20160822112550j:plain

このすり鉢すりこぎがあること。でも……

「ないよ!!!」

という人が大多数ですよね。じゃあ、どうするか?

f:id:Meshi2_Writer:20160822113121j:plain

「普通に味噌汁つくって冷やして、そこに野菜やゴマを入れればいいんじゃないの?」

と、思われるかもしれません。実際にやってみたんですが、やっぱり「単なる冷たい味噌汁」と「冷や汁」って全然別物なんですよ。

いろいろ試した結果、「冷や汁」を「冷や汁」たらしめているポイントがは2つ。

1:味噌に焼き目をつける。

2:具材に塩揉みキュウリを入れる。

私はこれこそが、「冷や汁」の味わいを構成する二大柱だと思いました。ほどよく焼きのついた味噌の香ばしさ、揉むことで凝縮されたキュウリの味わいと香りが、冷や汁には欠かせないのです。

味噌にどう焼き目をつけるか

f:id:Meshi2_Writer:20160822114128j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。