体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】650円でガッツリ食べられる『とり唐定食』を発見した @『町役場』

machi-kara039_R

今、秋葉原で一番キテるのは“東ビル”である事は、さんざんアピールしてきたガジェット通信&筆者(YELLOW)ですが、あえて言おう!

「東ビルは、まだまだ終わっちゃいないぜ!」

ぶっちゃけ“秋葉原制覇”的には多くの店を万遍なく回るのがベストではありますが、さして美味くも無い店を読者の方々に紹介するよりも、コレは絶対に美味いから喰えって奴を集中した方が良いと筆者は考えています。

定食と鶏の唐揚げの親密な関係

machi-kara006_R

まず定食と言えば色々と幅広いメニューが思い浮かぶわけですが、やはり“生姜焼き定食”“鶏の唐揚げ定食”は不動の地位にあると思います。

逆に言えば美味しい定食屋さんを探す場合は、この二つのメニューをチェックすれば店の実力が分かるので、ひとつの指標としても注目すべきメニューかと存じます。

そんな中でも鶏の唐揚げの場合は、店によって味や仕上がりが大きく変わるので、良くも悪くも賛否が分かれるメニューでもあります。

machi-kara000_R

例えば値段を重視して業務用の“唐揚げ粉”を使う店もあります。無論、コレはこれで値段も安くボリュームが出るので、ひとつの正解です。

次に手作りにコダワル場合は生姜とニンニクの派閥があり、両方をミックスしてタレを作る店も少なくなりません。

さらに細かい事を言えば、唐揚げの衣も片栗粉を使った“竜田揚げ”スタイルと、小麦粉を使った“唐揚げ”スタイルがあり、コダワリの店だと両方を適度な配分で合わせて使う事も少なくなりません。

他にも揚げ方の違いで、低温でじっくり揚げる店もあれば、衣の食感を狙って鶏肉を少し薄く切って強火でバリっと揚げる唐揚げもあります。

と、実に多くのパターンが存在する鶏の唐揚げは、非常にその店の個性が出るメニューである事は知っておく必要があると思います。

『とり唐定食』を所望する!

machi-kara009_R

さりげなくメニュー全般に盛りが良く『スペシャル大盛りかつ丼』などのデカ盛りメニューまで用意してある『町役場』は、筆者的には『村役場』と並んで秋葉原ランチのイチオシ店であります。

そんな『町役場』でも一目置かれるワンランク上のメニューがコチラの『とり唐定食』(650円)なのです。

『町役場』のお客さんは昔からの常連さんが少なくないのですが、この『とり唐定食』は若手しかオーダーしないというレベルのヘヴィーメニューになっています。

machi-kara036_R

なお、居酒屋さんなので水もジョッキで提供されるのは、居酒屋ランチあるあるって感じで受け入れましょう。

『とり唐定食』を食す!

machi-kara042_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。