ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーティ・フリードマンが「邦楽で一番好き」な曲は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜15時の番組「J-POP SATURDAY」(ナビゲーター:落合隼亮・リアド慈英蘭)。8月27日のオンエアでは、J-POPに造詣の深いギタリスト、マーティ・フリードマンさんがゲストに登場。「世界にオススメするJ-POP」をご紹介してもらいました。

スーパー・ギタリストとしても知られるフリードマンさんですが、もしかしてご存じない方でも某テレビ番組の「空耳スト」と言えばピンとくる方もいるのでは? 「そういうのの方が聞かれるんですよ(笑)。音楽よりも『空耳』って。いくら音楽やっても『空耳』だよ(笑)」とフリードマンさん。先日出演された「SUMMER SONIC 2016」でも、「あ! 『空耳』の!」と言われたそう(笑)。

それはさて置き、フリードマンさんは世界的に活躍されているギタリストにも関わらず、“J-POPが好きすぎて”日本に来たそうです。

「アメリカに住んでたときに、ずっと邦楽聴いてたんですよ。世界中ツアーするときの楽屋とか、飛行機で移動するときでも、洋楽じゃなくて邦楽ばっかり聴いてて…そのうち、『住めばいいじゃん!』と思って」と、話すように、日本人よりも“邦楽マニア”なのです。

フリードマンさんが思う、邦楽にしかない魅力はどこにあるのでしょうか?

「やっぱり“メリハリ”が一つ。もう一つは“メロディのセンス”」とフリードマンさん。邦楽はメロディが複雑だそうで、洋楽のヒット曲はコードが4つか5つというシンプルなものが多いのに対して、邦楽は複雑でさまざまなコードが使われている印象なのだそうです。

そんなフリードマンさんが、世界にオススメしたいJ-POPとは!?

■ありがとう/いきものがかり
この曲のオススメポイントは“サビ”。「サビなんですけど、コードが20個くらい入ってるんですよ(笑)。それなのに、メロディが美しくコードをフォローして複雑さを一切感じさせないんです」。さらに、いきものがかりの曲は、年齢に関係なく子どもから大人まで楽しめるところがポイントで「そういうアーティストは少ないと思います」とも。

■ヘビーローテーション/AKB48
「もしかしたら、一番好きな邦楽の曲かもしれない」「この曲が発売されたばっかりのときに、ラジオとかどこかで流れてきたら、会話止まって聴き入るような曲ですよ」と大絶賛するフリードマンさん。「去年の10月のハロウィンでAKB48さんと一緒に武道館でこの曲をやりました。永遠に忘れられない」と振り返り、とても気持ち良かったそうで、思いっきり“ヘドバン”したそうです(笑)。

■アイアイのうた〜僕とキミと僕等の日々〜/ C&K
「この曲聴いたらバラード専門と思っちゃうんですけど、そんなことなくて(他の曲では)祭りみたいな盛り上がり。音楽のセンスが抜群で、次から次へいい曲ばっかりが溢れてる」。また、「こういう泣きバラードって洋楽にはなくない?」とフリードマンさん。洋楽にもたくさんバラードはあるのですが、「泣き方が違うんですよ」とのこと。

フリードマンさんいわく、洋楽バラードは歌っている人のバックストーリーがあるから泣けるそう。例えば「アデルの曲はアデルが歌うから泣ける」そうで、一方、邦楽の泣ける曲は、誰が歌っても泣ける、と話します。それが洋楽バラードと邦楽バラードの違いだそう。

邦楽への熱い思いを語ってくれたフリードマンさん。ミュージシャンなので、少し専門的な聴き方ではありますが、今回のことを参考にして聴いてみると、新たな邦楽の魅力が発見できるかもしれませんね!

【関連サイト】
「J-POP SATURDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/jpopsaturday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP