体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏野菜を佐賀牛で巻いた贅沢な一品を白ワインとともに。繊細な夏夜の懐石

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

暑い暑い夏の夜。夜景を見ながら素敵に和食を堪能できた横浜での平日の夜の話です。

「横浜 星のなる木」

繊細な夏夜の懐石。鮎や鱧、夏の旬を贅沢に横浜「星のなる木」

友達が予約してくれて個室に案内されました。なんだか高級そうで緊張するんですけど?? と個室の扉を開けて中に入るとそこは夜景の見える素敵な個室。いいですね、こういうのもたまには。かしこまった会食だけでなく友達とたまにはワイワイ贅沢に楽しもう、という時にもピッタリです。とにかくサービスやお料理、様々な場面で「繊細さ」を感じられたお店です。

和食=繊細というイメージはあるので、その繊細さが目でも見てわかるほどお店が気をつかっているということは・・・料理もおいしいに違いない。もちろん目でも楽しませてくれるに違いない。そんな想像を裏切らない安心感あるサービスと味でした。今回味わったのは「温故知新」という懐石コース料理。先付、 八寸、椀物、造り、焼き物、進肴、温物、食事、 甘味という内容でした。

最初はスパークリングワインで乾杯。先付は「すっぽんの冷製茶椀蒸し」。

繊細な夏夜の懐石。鮎や鱧、夏の旬を贅沢に横浜「星のなる木」

すっぽんのお肉がたっぷり入っていて、しかも臭みもなくやわらかくて鶏肉のよう。じゅんさいのつるんとした食感も夏を実感。続いて八寸。

繊細な夏夜の懐石。鮎や鱧、夏の旬を贅沢に横浜「星のなる木」

京都の川床をイメージしたのだそうです。そういうストーリーや想いをしっかりと伝えてくれるのって何倍もおいしく感じて良いですよね。鴨ロースや夏野菜の煮凝り、里芋のフォアグラ味噌田楽など、どれもさっぱりとした味わい。

繊細な夏夜の懐石。鮎や鱧、夏の旬を贅沢に横浜「星のなる木」

これには日本酒でしょう、と注文してみたら素敵な入れ物で持ってきてくれました。このお店は「魅せる」のが得意。見た目をとても大切にしていてイチイチ感動させてくれます(デートにも良いと思う)。

繊細な夏夜の懐石。鮎や鱧、夏の旬を贅沢に横浜「星のなる木」

温かいものは器もちゃんと温めて提供してくれ、冷たいものは器もしっかりと冷えていて、最適の温度で料理を味わうことができました。

■関連記事
【横浜】売れすぎて売り切れ続出!?人気の「ひげのパン屋」が新店オープン

http://tabizine.jp/2016/08/04/91377/

このあと鱧を使った椀もの、 お造りではマグロや帆立を味わい、焼き物は「鰻の源平焼き」。

繊細な夏夜の懐石。鮎や鱧、夏の旬を贅沢に横浜「星のなる木」

源平焼きとは、同じ食材を異なった調理方法で提供すること、とお店の方が説明してくれました。蒲焼と白焼を少しずつ味わう。

繊細な夏夜の懐石。鮎や鱧、夏の旬を贅沢に横浜「星のなる木」

そして夏野菜を佐賀牛で巻いた贅沢な一品を白ワインのグラスとともに。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。