ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

CEDEC2016にて個人制作ゲームに関するセッションが開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2016年8月24~8月26日の期間で開催するゲーム開発者カンファレンス「CEDEC2016」。
開催2日目である8月25日(木)の13:30~14:30にて、小規模・個人制作ゲームに関わるディベロッパー5名が、自主制作ゲームの開発シーンをテーマに、現状と今後の展望について話し合うセッションが開催される。

CEDEC
「僕たちは作りたいものを作る」自主制作ゲームの今
http://cedec.cesa.or.jp/2016/session/BP/6006.html

本セッションは、同人ゲーム・インディーゲーム・フリーゲームなどの言葉で呼ばれる日本国内の自主制作ゲームの開発シーンをテーマとしている。講演者メッセージの一部には「個人・小規模でゲームを作ってリリースしながら生きるというライフプラン」、「継続できるゲーム制作」といった、個人開発者にとって関心のある内容が挙げられている。

登壇者は、元スクウェア・エニックスのゲームプランナーで、現在は「GDH2030」を開発中である下田 賢佑氏、Steamにて配信されている『Back in 1995』などの開発者である一條 貴彰氏、iOS/Android向けゲーム「とっとこダンジョン」「ここっとダンジョン」の開発者である木村 征史氏、iOS向けのローグライクゲーム「Gesuido」の開発者・三原 亮介氏、フライトシューティング『EFFY one of unreasonable “if”』などを制作したサークル『Project ICKX』を立ち上げた若葉 章氏。

セッションで得られる知見としては、「小規模・個人ディベロッパーの多様な価値観」、「自己資金による小規模ゲーム開発とパブリッシングの実態」、「自分に合った制作のスタイル」といった項目が挙げられている。CEDECに参加予定の方で、個人・小規模のゲーム開発について関心のある方は、参加してはいかがだろうか。

「僕たちは作りたいものを作る」自主制作ゲームの今
http://cedec.cesa.or.jp/2016/session/BP/6006.html

関連記事:

フリーホラーゲーム『Ib』の二次創作イベント「ゲルテナカフェ」が開催 作品の世界観を再現した「ゲルテナ展」のスタッフが送る企画。
ドット絵で作られた作品展示会「Pixel Art Park 3」が9月25日に開催 レトロゲームのような世界を楽しめる!
80作品ものフリーゲームが遊べる!「フリゲ展!theFinal夏」が開催中

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。