ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【京都のタイ料理屋】四条木屋町下ル「バーンリムナーム」で食べた『パップリックケーンガイ』

  • ガジェット通信を≫



四条木屋町といえば、京都の繁華街のほぼ中心と言っていいところ。
そこからほんの少し南に下ったところにあるのが「バーンリムナーム」というお店。
「河岸にある家」という意味やね。ちょうど鴨川沿いにあるのでぴったりのネーミング。

ずっと以前からある店で、気になっていたんだけど入ったことなかった。
せっかくの機会なので、思い切ってランチタイムに食べに言って来たよ。(^^


たぶん全国のタイ料理店でおなじみの「ワーイする女性」のオブジェクトがお出迎え。
やっぱりコレがあると「タイ料理屋さん」という感じがするね〜。


店内は意外とこじんまりしている。
タイでもおなじみのビアタワーなんかも置いてあり、夜の需要も満たしている感じ。
鴨川名物床もあるんだけど、この日はとても暑かったのでとてもじゃないけど床はムリ…。
日が落ちたらたぶん利用する人もいるのだろう。

昼のメニューはセットメニュー中心。でもそこそこ種類もある。
とりあえず、一番お得感ありそうな「本日のランチ パットプリックケーンガイ ผัดพริกแกงไก่」を選んでみた。レッドカレーの鶏肉炒めやね。


どどん!と運ばれて来たのがこちら。 うーん、おいしそう!
パットプリックケーンといえば、タイではぶっかけ飯屋の定番メニューだけれど、流石にそれよりもずっと豪華感がある感じ。ちなみにカイダーウ(ไข่ดาว目玉焼き)はオプションね。


セットメニューなのでそのほかにもサイドメニューがついて来た。
これは…タイ語だとパットウンセンタウフートートผัดวุ้นเส้นเต้าหู้ทอด(春雨と油揚げの炒め物)…かな?
写真のほかに小さいデザートもついて来た。


パクッと食べると、確かな美味しさ。 口に含んだ瞬間にバイマックルート(ใบมะกรูดコブミカンの葉)の風味が広がった。いい!こういう締めのところでしっかりタイの風味を効かせてくれると、ちゃんとタイ料理食べたな〜という感じがしていいね。 辛過ぎず甘すぎす、バランスいい味付けだった。

四条木屋町まで来て、気軽にタイ料理を食べたいな〜と思ったら、この店はおすすめやねー。(^^
今度は夜にも来てみたいなぁ。

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP