ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現行モデルとは似て非なる2代目N-BOX

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲約1年後に登場する次期N-BOXのルックスを完全再現。キープコンセプトで成功を収めた、現行モデルのイメージが色濃く残される

キープコンセプトのエクステリアデザイン

軽自動車業界に本腰を入れる決意表明のごとく開発され、市場で人気を集めたN-BOX。ホンダの孝行息子が2017年初夏、2代目にバトンタッチを果たす。

上記イラストは、2代目N-BOXを忠実に再現したもの。くれぐれも断っておくが、現行モデルのマイナーチェンジ版ではない。限られた寸法の中で最大限の室内空間を確保し、かつN-BOXらしさを継承することは想像に難くなかったが、ここまでキープコンセプトを貫くとは。

シルエットが四角四面でボクシーな印象が受け継がれるのは当然のこととして、四角いヘッドランプの上端にメッキトリムが食い込むディテールまで踏襲されるのは驚きだ。グリルのすぐ下に開口部が横たわり、バンパー下にワイドなエアインテークが配される点も現行モデルと同じ。ホンダにとって、N-BOXは貴重な売れ筋モデルのひとつだから、冒険するのが怖かったのだろう。

▲N-BOXは、2011年12月に発売された超背高ワゴン。センタータンクレイアウトが用いられて広い居住スペースが確保された。2015年11月には、累計販売台数が80万台を突破した

歩行者保護対策など、様々な部分で進化を果たす

ボンネットフードはフタ状に成形され、ノーズはいっそう水平基調に近づく。最大の理由は歩行者保護対策で、硬い構造物であるエンジンと、万一の際に歩行者を受け止めるフードの間隔を十分に確保しておく狙いがある。

フロントビューと違って、ボディ側面は真新しさが感じられる仕上がりになりそうだ。ヘッドランプの目尻から始まり、ドアハンドルを貫いてリアコンビランプへと至る、一直線のキャラクターラインが引き締まった印象を放つ。

このボディが乗っかるセンタータンク方式のプラットフォームは、現行モデルから流用される見込みだ。独特のレイアウトによって、ライバル車を寄せ付けない後席居住性と、リアシートのチップアップ機構が踏襲される。

進化型エンジンで燃費向上。全高の低い派生車は廃止

エンジンには、改良型が用いられて、燃費改善が図られる見込みだ。最近はダイハツが燃費競争から、一歩引いて距離を置いている感もあり、サブバッテリー搭載のエネチャージを活用してスズキが独走しているが、ホンダも決して諦めたわけではない。

ライバルである、スズキ スペーシアの32.0km/L(NAモデル)や、タントの28.0km/L(同)と比べても、N-BOXの25.6km/Lはさすがに見劣りしており、改善によってエコカー減税でワンランク上(取得税80%&重量税75%軽減)を目指したいところだ。

次期N-BOXは早ければ2017年春、遅くとも同年夏までには登場する予定。福祉車両にも転用できるスロープ仕様のN-BOX+もほどなく世代交代を果たすはずだが、チョプドルーフのN-BOX/(スラッシュ)はモデルチェンジを受けることなく、一代限りで廃止される。

※2016年8月24日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2017年6月

■全長×全幅×全高:3395×1475×1780(mm)

■搭載エンジン:660cc 直3text/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

2ケタの予算でジャガーが手に入る! セダンを検討中ならXタイプを要チェック
流し目マスクで精悍な印象となる2017年型フィット
ステップワゴンハイブリッド、ライバルを凌駕する燃費で登場か

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP