ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バーブラ・ストライサンド、AppleのCEOにSiriの発音調整を直談判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米歌手で女優のバーブラ・ストライサンドがAppleに対し、彼女自身の名前をSiri(iOS端末の音声認識型アシスタント機能)が正しく発音するよう調整を求めていることが明らかになった。ハリウッド・リポーターが伝えている。

 ストライサンドはNPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)の番組『Weekend Edition Saturday』にて、「彼女(Siri)は私の名前を間違って発音するの。ビーチの砂の“sand”のようなソフトな“S”よ。歌手人生を通じてずっとこれを言い続けているわ」と話したという。

 現在、ニューアルバム『Encore: Movie Partners Sing Broadway』のツアー中のストライサンド。彼女いわく、AppleのCEO ティム・クックに直接その問題を投げかけたというのだ。

 ストライサンドは、「それで私が何をしたかって? Appleのトップ、ティム・クックに電話したら、彼はSiriに私の名前の発音を変えさせることに喜んで同意してくれたわ。次回9月30日のアップデートでね」とコメント。そして、「そうなるか見てみましょう、きっとぞくぞくするわね」と付け加えた。

関連記事リンク(外部サイト)

バーブラ・ストライサンド、46年ぶりに【トニー賞】の舞台へ
オバマ大統領がバーブラ・ストライサンド、グロリア・エステファンらに勲章授与
デビュー52周年のバーブラ・ストライサンド、女性歴代最多全米No.1アルバム記録を更新

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP