ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元Apple社員が立ち上げた健康医療データ管理のスタートアップをAppleが買収

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Appleがこのほど、個人の健康・医療データを一括管理できるシステムを開発したスタートアップ「Gliimpse」を買収したという。

・元Apple社員が立ち上げた医療データスタートアップ

GliimpseはAppleでエンジニアとして働いた経験をもつAnil Sethi氏と、共同経営者 Karthik Hariharan氏が2013年に設立した企業。

Sethi氏はApple退社後、Sequoia Software社など多くの健康医療関連スタートアップを次々と立ち上げた起業家だ。

・個人にとって、医療データの一元管理は難しい

Sethi氏の姉妹が胸のガンを患っており、その闘病生活の中で、さまざまな医療機関から提出される健康データを、個人が手元で管理することがいかに難しいかを思い知った体験から、このスタートアップを立ち上げたのだという。各医療機関ではそれぞれ独自に電子データを管理しており、1つのフォーマットとして集約される場がなかったのだ。

・近年、医療健康関連に注力しているApple

Appleではここ数年、健康管理のデジタル化に力を入れており、個人向け健康管理アプリHealthKit、患者と医療者をつなぐCareKit、医療者向けResearchKitといったアプリを続々と開発している。

今回の買収は、そういった流れの一環であり、各医療機関、各システムでバラバラに散逸しがちだった健康医療関連データを一括して、ひとつの場にまとめるため、「Gliimpse」が活用される可能性が高そうだ。

買収情報をキャッチした米国情報誌Fast Companyによると、買収は今年早くにおこなわれたようだが、これまでAppleからの大々的な発表はなく、今のところWebサイトでの公表もされていないようだ。今後の動向を注視したい。

Apple Acquires Gliimpse

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP