ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビール片手に海の絶景を拝む! 江の島の穴場ビアガーデン「えのすぱ」は正直教えたくない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

神奈川県の一大観光スポット、江の島にビアガーデンがあるんです。知ってましたか?

しらすをふんだんに使ったメニューに、江の島ビール、湘南サイダーを使ったモヒートと、湘南グルメをいただくことができます。

そして江の島のロケーションならでは、水平線に日が沈む絶景をビール片手に楽しめるのだとか。行ってきました!

関東の南国、江の島にスパがあるらしい

新宿から小田急線に乗り1時間ちょっと、最寄り駅の片瀬江ノ島駅に到着。そこからこの「江の島弁天橋」を渡って江の島に上陸します。

写真の中央部分にある洋風の建物……気になりますね。

この気になる建物こそ、ビアガーデンを開催している「江の島アイランドスパ(以降えのすぱ)」。

その名の通り、ここは温浴施設。裸で入る男女別の風呂に、水着で混浴のスパゾーンを備えています。

店内は「南国ラグジュアリー」と言いましょうか。江の島弁天橋を超えた流れで国境も超えた感があります。

こちらはフロント。最近の温浴施設で見かけるICチップで館内の会計を行うシステムを採用しており、そのICチップは下足の鍵、ロッカーの鍵を兼ねています。

フェイスタオル、バスタオル、館内着が料金に含まれています。受け取って3階のロッカールームへ向かいましょう。

どこも絶景のスパ

まずは水着に着替え、プールに行ってみました。

青い! 上を見上げれば空! 正面を見れば海と空! 斜め下を見ると海! 青すぎる!!!

2016年7月、スパエリア屋外にあるプールの改修工事が終了し、大露天プールとしてリニューアルしました。雲が流れるのをボケーっと、水中で揺らぎながら眺めるのは実に至福です。

露天泉の一つ下のフロアは洞窟泉。この絶妙な薄暗さがものすごく落ち着くんです。

写真奥の光に誘われ進んでいくと……。

露天泉に負けないロケーション! 洞窟泉にも絶景秘湯系のプールがあります。

プールの壁側は浅めに作られており、縁に頭を乗せれば指一本動かしたくなくなります。あー、ビール飲みてー。

洞窟泉のフロアにはサウナがあります。水着着用の男女混浴です。

1日に何回か、熱波を浴びて汗を出すアウフグースというアトラクションをおこなっています。

プールの水温は風呂よりぬるめなので、身体の冷えを感じたらここでガンガンに体温をあげましょう。

洞窟泉の一角には、水着のまま飲食できる「ムーンライト」があります。

メニューはサザエを使った「龍神カレー」に、生ハムを挟んだ「山のパニーノ」、しらすを挟んだ「海のパニーノ」と、満腹になれるメニューが揃います。

もちろん裸で入るお風呂も完備。写真右にはぬるめの高濃度炭酸泉、正面奥には天然温泉の高温湯があります。島らしい塩気の強い成分で、暖まりやすく、傷によい泉質と言われています。

プールからの絶景もいいですが、暖かいお風呂に浸かりながら外を眺めると、急に日本人的な感覚に切り替わるから不思議です。

昼から飲めるビアガーデン!

「えのすぱ」のビアガーデンは14時から始まります。会場は屋上の「サンダイアルガーデン」です。

昼間から風呂に入って酒、大人になって誰もが一度は夢見たことが今日実現します。酒飲んでないのにすでに火照った感じ……気分が高まっていますね(たぶん日焼け)。

ビールはサンセットに温存したいので、ドリンクはご当地サイダーの「湘南サイダー」で割ったモヒート「北極海:マリン」を注文。

メシはクリームチーズと明太子、たっぷりしらすを盛り付けたライスバーガーです。

14時の真昼間、「直射日光キツイな……」と思っていたら、テーブルにパラソルをさしてくれました。日陰にはいると風が涼しく快適!

モヒートは甘みが強く、お酒が苦手でも飲みやすそう。全7種類のモヒートを用意しているので、お好みのものをどうぞ!

ライスバーガーは明太子のつぶつぶした攻めの食感と、クリームチーズ、しらすのコクがベースを保ち、うまいこと調和している! ライスバーガーは全3種類です。

お腹いっぱいのほろ酔い気分になったら、リラクゼーションスペースへ。ここで仮眠をとり、来たる夜のビアガーデンへ向けて体を休ませます。

水平線を眺めながらのビアガーデン

時刻は18時少し前。そろそろタイミングでしょう。

屋上のビアガーデンに向かいます。

昼間のスカッと晴れた青空もいいのですが、一日が終わるこの哀愁漂う感じもまた絶景……! 風がより涼しくなり、いまこそビールの時。

チョイスしたメシは、まず「ソーセージの盛り合わせ」。ブロッシェン、チョリソー、ハーブ、ブラックペッパー、カレー風味の5種類で、しっかり味がついていてビールが止まらねぇ! 王道のうまさです。

そして江の島ご当地グルメ「しらすカレー」。甘めのファーストタッチに対して、しっかり口に残る辛さ、これもまたビールが進む! 固めのバターライスはかみごたえがあり、かむたびしらすのうま味を感じられます。

「えのすぱ」のビアガーデンに来たらぜひやってほしいこと、それはダイヤモンド富士ならぬ、ダイアモンドビアです。

太陽をビールに沈め、飲み干す。明日バリバリに仕事する元気がでそうじゃないですか! 仲間とやると盛り上がります。私一人でやっても盛り上がりましたから。

遊んでいるうちに日が沈みました。

このビールは「江の島ビール」というご当地のクラフトビール。かなりあっさりとしていて、風呂上がりにガブガブ飲むには最高!

夜になると屋上全体がライトアップ。夜景の撮影はいろいろと難しいので、ありがたい光源です。

人の手で瞬時に着く電飾。それに対して気候などもろもろの条件が整ったうえで、刻一刻と変わるサンセット。

この光景を見て、あらためてサンセットを見ることの貴重さを感じました。

ところで、屋上ビアガーデンには屋根がないため、残念ながらビアガーデンは雨天中止。今回の取材は、実は結構な博打だったのです。

ビアガーデンとは別メニューになりますが、「えのすぱ」には海の見えるレストラン&カフェ「アイランドグリル」という展望レストランが常設されており、そこでご飯を食べることができます。鬼のように暑い日や、入道雲の接近を感じたら、こちらでビールを楽しむのがいいかもしれません。

これだけ楽しんでも夜はこれから! 風呂とビール、恐るべし

朝から来てプールに浸かり、昼から飲み始めて少し寝て、夕方にサンセットを拝みながらビール。「えのすぱ」に10時間くらい滞在しています。

10時間滞在していても夜はこれからなのです。昼間っから風呂入って酒、憧れていましたが、これほど充実した休日を過ごせるとは!

ビアガーデンは夏季限定(終了日は未定)、あなたが持っていれば、いままでに体験したことのないロケーションでビールが楽しめますよ!

※館内の写真は許可を得て撮影しています。屋上を除く館内は撮影禁止です。

※スパを利用せず、ビアガーデンのみの利用も可能です。

お店情報

江の島アイランドスパ

住所:神奈川県藤沢市江の島2-1-6

電話番号:0466-29-0688

営業時間:10:00~22:00(最終受付21:00)

冬季(12月~2月)は営業時間が異なります。ビアガーデンは夏季限定14:00~21:00。

定休日:年に2回、施設メンテナンスにより休館


書いた人:毎川直也

風呂が好きで、風呂デューサーを名乗り活動中。銭湯、スーパー銭湯、温泉旅館での勤務経験を持ち、銭湯に勤めながらメディア出演をしている。酒が弱いうえに小食なため、「メシ通」には間違いなく向いていないライター。 ブログ:銭湯、温泉探求録

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【タベアルキスト】『神奈川食べる通信』横須賀市長井のいかの船上干し~『食べる通信』を食べてみる 3食目!
【アイスマン福留】海鮮アイスに開眼! 神奈川県・三崎「まぐろっちジェラート」&江ノ島「しらすソフト」
【タベアルキスト】湘南のグルメキーワードは「やさしさ」と「希少価値」! ~名店巡礼 湘南編~

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP