ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月額1750円で国内外のサッカーや野球中継が観放題! スポーツ専門ライブ動画サービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が上陸

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スポーツ中継に特化したライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が、本日8月23日(火)より日本でのサービスを開始しました。同日、都内で記者発表会が開催され、配信されるコンテンツの詳細や利用価格について明らかとなりました。

『DAZN』は月額1750円(税抜き)で130以上のスポーツコンテンツ、年間6000以上の試合を観放題。

サッカーのJリーグやセリエA(イタリア)、ブンデスリーガ(ドイツ)、リーグアン(フランス)、プロ野球の横浜DeNAベイスターズや広島東洋カープ、MLB、バレーボールのVリーグ、ラグビーのトップリーグ、バスケットボールのNBA、アメリカンフットボールのNFL、総合格闘技のUFC、モータースポーツのF1、ゴルフのPGAなど、全世界のメジャーなスポーツコンテンツを含み、ダーツやビリヤード、フィッシングなど、コアなファンを持つスポーツまで細かくラインアップしています。

『DAZN』配信コンテンツ一覧:
https://my.dazn.com/help/JP-ja/about-the-video-of-dazn[リンク]

サッカーのジャンルを例にとると、2017年シーズンからJリーグ(J1~J3)の試合を配信する他、アジア以外の各地域(南米・欧州・北中米カリブ海)のW杯予選、さらには各国の親善試合に至るまで幅広くフォローしています。

筆者の場合は、現在のところ『スカパー!オンデマンド』のJリーグチャンネルを契約し、月額2962円(税込み)を支払っています。『DAZN』を契約すれば、比較的低価格でJリーグを含む多数のスポーツを楽しむことができるのです(来シーズン以降のスカパー!のライセンスについてはアナウンス待ち)。

ちなみに、ソフトバンクとヤフーが共同で運営する『スポナビライブ』では、プレミアリーグ(イングランド)とリーガ・エスパニョーラ(スペイン)の全試合をライブ中継しています。今後も、このあたりのライセンス獲得競争に注目し、自分の好みに最適なサービスを見つける必要がありそうです。

マルチデバイスに対応する『DAZN』は、スマートテレビ、スマートフォン、パソコン、タブレット、ゲーム機などで視聴が可能です。1アカウントで6デバイスまで登録でき、同時に視聴できるのは2デバイスまで。ライブ視聴の他、見逃した試合をオンデマンドで楽しめる“キャッチアップ”機能も搭載しています。

また、今後の検討として、スマホやタブレットにコンテンツをダウンロードできるようにすることで、通信量に負担がかからないような運用を目指しているとのこと。

さらに、日本のオフィスでは日本人のファンに向けたローカライズコンテンツを制作。全コンテンツの65%に日本語実況を付け、独自の解説やデータを用いた試合を配信します。

DAZNのCEOジェームズ・ラシュトン氏によれば、競合となる『スポナビライブ』や他のサービスとは「共存していきたい」とし、コンテンツのラインアップやローカライズ化で差別化を図る方針を語りました。また、試合の中継だけでなく、今後は選手のインタビューやドキュメンタリーなどの番組制作も念頭に置いている模様です。

DAZN日本社長&マネージングディレクターの中村俊氏は、「日本のインターネット接続環境は非常に優良である。熱狂的なスポーツファンが多く、複数ジャンルのスポーツを好む人が多い」と、日本でのサービス展開に自信を見せていました。

日本でもスポーツ中継をストリーミングサービスで楽しむのが当たり前になる未来はそう遠くはないかもしれません。2020年に開催される東京オリンピックに向け、『DAZN』がスポーツの熱狂を支えるサービスとして期待されます。

『DAZN(ダ・ゾーン)』公式サイト:
https://www.dazn.com/ja-JP

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP