ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まじかよ、CDケースが閉まらない、え、輪ゴム?──Limited Express (has gone?)×2MUCH CREW、阿部周平デザイン・ジャケット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ご覧いただこう。このCDパッケージ、ずぼらな持ち主によって酷使され、インナースリーヴに雑な折り目がつき、閉らぬCDケースを輪ゴムで留めている中古盤ではない。これがこれからリリースされるできたてほやほやのパッケージだということが信じられるだろうか?

「入らない」「輪ゴム止め」も含めてデザインなのだ。

これは〈Less Than TV〉からリリースされるLimited Express (has gone?)と2MUCH CREWによるコラボ・アルバム『CHAMPURU OF DOOM』。9月14日に一般発売されるCDパッケージだ。先日19日に下北沢THREEで行われたリリース・イヴェントでの先行販売にて、お披露目となった。

B2のポスターとしても使用できるジャケット・スリーヴは、なんとしっかりたたんでもCDケースには入らない。しかも、これはミスではなく。デザインとしての仕様である(こう書くと、ミスを一生懸命隠しているように見えてしまうがそうではない)。なにせ、これよりも紙質が厚いとさらにCDジャケットからはみ出して、この絶妙な「入ってるけど、やっぱり蓋が浮いてしまう」という感覚がでないため、紙の薄さも計算されているという狂った気の入れよう。そして、販売時に、しまらないので、ケースを輪ゴムでとめてしまう…… と、ここまでが衝撃のジャケット・デザインなのである。もはや感動的でもある。

デザインを手がけたのは、1990年代から2000年初頭にかけて、石黒景太(DJ 1-DRINK、元キミドリ)らとともにグラフィック・デザイン・ユニット、ILLDOZERとして活躍してきた阿部周平によるもの。

なんでも本パッケージは、この仕様のせいで、ディストリビューターからはNGを出されたとかで、タワレコード新宿店、京都店、ディスクユニオンなどで販売されるとのこと。

そして、先日19日に下北沢THREEで行われたリリース・イヴェントで先行で用意された40枚ほどのCDと、今後リリースされるCDでは絶妙に輪ゴムの太さが違い、1stプレスと違うとのこと。

ということで、OTOTOYではLimited Express (has gone?)の谷ぐち順と2MUCH CREWのぽえむの対談を敢行。このデザインに関しても話を訊いてきた。近日掲載をお楽しみ。
(河村)


・Limited Express (has gone?)
http://www.limited-ex.com

・LESS THAN TV
http://www.lessthan.tv

Limited Express (has gone?)×2MUCH CREW
CHAMPURU OF DOOM
9月14日リリース

1、OBSCURE DESIRE OF…
2、ぞくぞくふらふら
3、PARLAMI DI MI / LA DOLCE VITA
4、SUPER LOVERS
5、SOUND AND VISION
6、ANARCHIC ADJUSTMENT
7、TV破壊クラブ
8、FIORUCCI
9、CAN I KICK IT ?
10、CHAMPURU OF DOOM

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP