ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Note 7の「ゴリラガラス5」は意外とキズが入りやすい?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週末に発売された「Galax Note 7」の筐体の耐久性を様々な方法で確かめたテスト動画が、レビュ動画でお馴染みの YouTube チャンネル JerryRigEverything で公開されました。公開された動画では、モース硬度の測定に対応したピックを使って本体のガラスパネルを擦ったり、カッターを使ってカメラレンズやフレームを擦ったり、腕力だけで本体が曲げてその耐久性をチェックしています。いつものテスト内容ですね。テストの中で、「ゴリラガラス 5」を採用しているのに意外と切創に対する耐久性が低いことが海外で「事件」だとして話題となっています。テストでは、レベルを段階的に変えて画面を擦るテストを行っていますが、レベル 9 までのうち、レベル 3 でキズが入るという予想外の結果が出たのです。この結果に対して「ゴリラガラス 5」の開発元であるコーニング社は、動画のテスト方法に問題があると指摘して結果に反論しましたが、動画の投稿者は「これまで約 30 台の(ゴリラガラス搭載)端末をテストしてきたが、大抵の場合はレベル 6 までキズは入らなかった」としています。曲げテストについては、本体はかなり頑丈に出来ているようで、動画の投稿者の腕力ではほぼ曲がらなかったという良い結果が出ました。

■関連記事
Nexus 7(2016)は11月に発売か?
Xiaomi、“近い将来にも” 米国でスマートフォンを販売する予定
YouTubeのAndroidアプリがOK, Googleの音声コマンドで操作可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP