ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不気味だけどどこかユーモラス☆廃墟を使ったストリートアートが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

建物を見たとき、窓とドアが顔みたいだと思ったことはありませんか?

空想だけでなく、それを実現しちゃったアーティストが話題になっています☆

・廃墟の壁が顔になる!

建物の窓やドアを顔に見立てた作品を作っているのはロシア人アーティストのNikita Nomerzさん

元々の建物の構造を上手く利用して、人目を惹きつける“ぎょっ”とするような作品を制作しています。

作品集が話題に

Nomerzさんの作風は恐怖を感じるところもありつつ、どこかユーモラス。

建物にペイントを施すことで新しい命を吹き込んでいるNomerzさん。

出版した作品集は世界中で話題になっているそうです。

HPには、この他にも不思議な作品が満載です。

気になる方は、ぜひ訪問してみては?

Nikita Nomerz
http://www.nomerz.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP