ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ラスベガス】お洒落なAriaホテル内で新感覚タパス料理に舌鼓

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

「ディナーは何にしようか?」と夫が聞くので宿泊した「ベラッジオホテルの隣にあるAriaの中のJulian Serrano ジュリアン・セラーノに行こう」と提案した。ベラッジオからトラムで行けるから楽だしタパス料理だからちょっとずつ食べられるしね。こちらが2010年にオープンしたAriaホテル。新しくて綺麗。

Ariaホテル内の「Julian Serrano ジュリアン・セラーノ」タパス料理と書いてあったので、もっと砕けた雰囲気だと思っていたけどオサレねえ!

店内はこんな感じ。天井も高く開放的。新感覚のレストランと言う感じ。スタッフさんの感じも良かったですよ。

夫と共にコロナを注文したらこんな上品なグラスに入って来ちゃった。1本8ドル。

まずは海老フライみたいな感じの。ちょっと揚げ過ぎで衣がガリガリ。12ドル。

スパニッシュオムレツは2人で食べるには丁度良い量だしふんわり焼けていてとっても美味しかった。盛り付けも斬新。10ドル。

夫と共に白ワインを2杯ずつ。4杯で64ドル。

パエリアは外せない。45ドル。

注文をしてから30分はかかると書いてあったので気長に待つつもりだったけど丁度30分で来たのでテキパキと作って下さったみたい。魚介の旨味がギュギュっと入ったパエリアは間違いの無い美味しさだった。合計が158ドルで、チップを含め190ドル。酒代が高くついちゃった。ご馳走様でした!

[寄稿者:浜 みき]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/hamamiki/

■関連記事
【ラスベガス】高級だけど美味しい。ホテル内にある使い勝手の良いカフェ

http://tabizine.jp/2016/08/05/90944/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP