体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【初心者の快適キャンプ】テント選びのコツ&意外に役立つ優秀グッズはこれだ!

キャンプ_アイキャッチ 初心者の快適キャンプ

夏休みは仲間とアウトドアを楽しみたい! 日帰りレジャーもいいけど、せっかくならお泊りキャンプをしたいところ。とはいえ、流行りの贅沢キャンプ「グランピング」は高くて手が出せないし、キャンプ専用道具をそろえるのは大変…と思っている人も多いのでは?

いえいえ、あれもこれもと専用道具をそろえなくても大丈夫! 今回は、キャンプを快適にする必須のテントの選び方や、あると便利な日用品をご紹介します。

 

テントは1回限りならレンタル・何度が予定しているなら購入がオススメ

初心者の快適キャンプ

キャンプと言えばテントは欠かせません。でも、買っても1回限りになるかも…なんて人は、レンタルテントを活用しましょう。一部のキャンプ場やネットでレンタルでき、3~5人サイズなら一泊5000円前後で借りることができます。また、バーベキューコンロや寝袋が一緒になった、初心者さん向けのレンタルセットもありますよ。こちらは一泊1万円以上になる場合がほとんどですが、人数で割れば安価で済みます。

今後もキャンプを考えて、ぜひ買いたいけど、種類がたくさんあってどれが良いのか分からないという人に、選び方のコツをお伝えします。

1.形は半球形「ドーム型テント」が設置しやすい

キャンプ初心者にオススメなのは、もっともメジャーなドーム型のテント。なんといっても、建てやすさと扱いやすさはピカイチです。サイズも豊富でお手頃価格のものも多いので、お財布と相談して購入できます。

2.サイズは「使用人数+1~2人用」がオススメ

テント売場のパッケージには使用人数が表記されていますが、あくまで「寝るために必要なスペース」から割り出されたもの。荷物が入ることも考え、「使用人数+1~2人」の大きさを選ぶと良いですよ。

 

アルミホイルから洗濯バサミまで! キャンプであると役立つ日用品

初心者の快適キャンプ

1.後片付けが楽になる!【アルミホイル】

バーベキューをすると、肉を焼いたあとの油がぎっとりしたコンロや網を洗ったり、片付けが大変ですよね。そんな面倒な片付けがアルミホイルを使うと楽になります。

アルミホイルを2~3枚重ねにしてバーベキューコンロの内側に敷くと、汚れを防いでくれます。食べ終わった後、炭が熱いうちにアルミホイルで網を覆っておくと、後片付けが楽になるという裏技も。効率的に網が焼けて、脂や焦げ付きがさらに炭化し、ポロポロと落ちやすくなるんです。

後片付け以外にも、コップの下に敷けば安定性を保つカップホルダーにもなって便利ですよ。

 

初心者の快適キャンプ

2.凍らせて保冷剤に【ペットボトルの水】

保冷剤の代わりにお茶や水などのペットボトルを凍らせてクーラーボックスに。溶けたら飲めるので帰りの荷物が軽くなります。ただし、少し量を減らしてから凍らせないと、膨張して破裂する恐れがあるので要注意!

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会