体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ザ・夏の納涼】怖いっ! でも…盛り上がる。真夏の夜に「ホラー映画鑑賞お泊り会」を楽しもう

ホラー映画鑑賞お泊り会_1000 ホラー映画鑑賞お泊り会_1

夏と言えば、お化け屋敷や肝試しなど、怖いもので涼を取りたくなる季節。とはいえ、ひとりで怖い映画は見る勇気がない…。そんな人は、友だちと「ホラー映画鑑賞お泊り会」を開いてみませんか? 友だちとなら怖くないけど、ホラーな雰囲気は楽しみたいという人に、雰囲気アップのひと工夫をご紹介します。

 

ただ暗くするだけじゃない。身近にあるもので怖い雰囲気を演出

 

怖い映画を見る時は部屋を暗くする。これ基本ですよね! さらに、ひと工夫重ねてよりホラー感を演出しちゃいましょう。

 

1.怖さ倍増! キャンドルで揺らめく影

ホラー映画鑑賞お泊り会_2

うっかり落としたり、ヤケドする心配がない場所にキャンドルを置きます。ゆらゆらと揺らめく自分たちの影が、まるで別の生き物みたいに見えてくるかも。自分たちより後ろに置けば、前方に常時うごめく影が見えて不気味な感じに。前に置けば、ふと振り向いたときに揺らめく影が目に入り、ビクッとしちゃいます。

 

2.カワイイぬいぐるみが不気味に?

ホラー映画鑑賞お泊り会_3

人形はかわいいけど、じっくり見ると怖かったりしませんか? そこで、部屋に人形やぬいぐるみがある人は、テレビ側の角など目に入る場所に集めてみて。明るいときはカワイイ彼らも、絶好のホラー小道具に変身! テレビやキャンドルの灯りに照らされて、不気味な雰囲気を醸し出します。

 

3.誰か見てる!? 出入口はあえて閉め切らない

ホラー映画鑑賞お泊り会_4

閉め切った空間には、「守られている」という安心感があります。そこで、ドアや押し入れのふすまなどを少しだけ開けておきましょう。誰もいないことが分かっていても「誰かがのぞいているのでは?」と、隙間の向こうの闇が怖さを倍増させてくれます。

 

4.呼び出し音にびっくり! スマホはあえてON

ホラー映画鑑賞お泊り会_5

映画館ではOFFが基本のスマートフォンの電源ですが、家だからこそONにしておきましょう。ふいに鳴る通知音にビクッとなります。意図的に演出したいなら、ホラー映画の中盤を狙ってアラームのタイマーを仕掛けておくのもアリ。映画が佳境を迎える中、大音量で鳴るアラームに「ギャーッ!!」となること間違いなしですよ。

 

お菓子やジュースも…事前準備でホラーな雰囲気にどっぷりハマれる

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。