体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

縦位置対応で女子向けかも? ついに一般公開された『LINE LIVE』を使ってみた

photo4

『LINE LIVE』をご存じでしょうか? 『ツイキャス』などの素人やネット有名人が行うライブとは違い、芸人などの有名人が行う高品質なライブを楽しめるという認識だと思われます。
この『LINE LIVE』が8月10日に一般向けのライブ配信機能が公開されました。ライブ発信プラットホームは他にはあるので正直、新しいという印象は無いですが、実際に使ってみて違うという印象を受けました。

正直、女子向けかな?

まず、他のライブとの違いは、縦向きで配信した場合、縦位置で視聴者に伝わります。コメントも縦位置で表示されます。 あとは、顔に上書きされるキャラも縦位置に対応します。 
といっても、縦位置がどうして「女子向けなのか?」と突っ込まれそうですが、画面を見れば分かります。

photo1

縦位置で配信すると、非常に顔が大きく表示され、胸元から上が表示されます。正直、筆者だと暑苦しいだけですが、魅力あるイケメンや美女であればこれはうれしいのではと思います。 

photo2

いろいろなデコレーションを試してみましたが、かわいい系ばかりで男性が使うには勇気が必要なものが多いです。正直、私には似合わないです。

横向きにすれば普通にライブ出来ます

風景を写す、イベントを公開する、普通にライブをしたい場合には横向きで配信すればOKです。イケメン、美女で無くても使うことが可能です。デコレーションで顔の外側を隠すことも出来るので、顔出し公開もしやすいのでは? また、色を変えることが出来るので顔色が悪くても安心です。

photo3

他のライブと比べての利点は最も手軽に参入できるところ

今までのライブ配信は、アカウント(ユーザ)を作成する必要がありました。もちろん『LINE LIVE』もLINEのアカウントが必要ですが、連絡手段として普及しているので取得している人が多いと思われます。 
LINEアカウントを持っていれば、『LINE LIVE』のアプリから配信向けの名前を作るだけでライブ配信が可能です。『Twitter』や『YouTube』などの積極的にコンテンツを配信する人向けのサービスと比べるとID取得率は高いのではと思います。

「LINEは実名で行っているから、プライバシーが不安」と思っている人も、配信向けの名前は別の名前を作ることが出来るので実名が漏れることは自分や視聴者が言わない限り分からないので安心です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会