ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoProよりコスパいい⁉︎高性能4Kカメラ「eCam」はたったの79ドルで54グラム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビデオ撮影はなるべく綺麗な映像にしたいもの。そこで選択肢の候補に挙がるのが、フルハイビジョンよりも解像度が高くきめ細やかな映像が撮れる4Kカメラだ。

ただ、素晴らしい映像を約束してくれる代わりに、それなりのお値段がするのがネック。そこで今回紹介したいのが、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中の「eCam」。なんと、今ならたったの79ドル(約8000円)という格安でゲットできる。

・解像度は16MP

eCamは、GoProのHEROシリーズのようなデザインで、実際、機能面でもGoProを意識しているようだ。

例えば、HERO 4 シルバーとeCamを比較してみよう。どちらも4Kカメラだが、フレームレートはHERO 4 シルバーが15fpsなのに対し、eCam は30fps。

また、解像度はHERO 4 シルバーが12MP、一方eCam は16MPと、こちらもeCamに軍配があがる。

・アプリでプレビュー閲覧

eCamはスローモーションやタイムラプス撮影が可能で、その他のスペックとしてはマイクロSDカード64GBまでをサポートし、173度の広角レンズを搭載。

加えて、撮影映像のプレビューを専用アプリ(iOS、Android)でチェックできるのも便利だ。

・重さはたったの54グラム

これだけの機能がそろって、大きさは約3×6×4.1センチ、重さ54グラムとコンパクトなのもいい。

そして何より、低価格が魅力だ。予定小売価格199ドル(約2万円)も十分競争力のある設定だが、Indiegogoでは今なら79ドル(約8000円)の出資で入手できる。

すでに資金調達は目標額をクリアしていて、あと1カ月ほど出資を受け付け、発送は10月を予定している。世界中どこにでも送ってくれるので、カメラの購入を考えている人は要チェックだ。

eCam/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP