ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アムステルダムで野村訓市に近づいてきた老人の正体

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜20時からの番組「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」(ナビゲーター:野村訓市)。8月14日のオンエアでは、世界中を約50カ国旅した野村が「旅のトラブル」をテーマに、アムステルダムで遭遇したトラブルのエピソードを披露しました。

仕事でアムステルダムを訪れた時、野村が友人と歩いていると1人の老人が「駅で両替したら、同額の紙幣なのにデザインが違う。これが偽札かどうか見てもらえないか?」と困った様子で近づいてきたそうです。野村は怪しく思ったそうですが、一緒にいた友人は親切心から老人の紙幣を見比べ「これは新札と旧札の違いですよ」と教えてあげました。

すると、背の高い男2人が突然現れ「警察だ。違法取引、もしくは違法両替は犯罪だ。身分証と財布を見せなさい」と言ってきたそうです。男のうちの1人は、野村曰く、映画「ビッグ・リボウスキ」に出てくるような巨漢の男で、渋々その指示に従うことに…。

野村は財布を持っておらず、むき出しの小銭とパスポートを提示したところ、その警察は一瞥しただけ。一方、友人は財布とパスポートを出すと財布の中身のチェックをされ「これは何?」「お守りです」というやりとりまであったそうです。警察は一通り財布を確認して、特に怪しいものも見つからずに帰って行きました。

そして、2人が「一体何だったんだ…?」と振り返ると、先ほどまでいたはずの老人が見当たりません。そこで友人がハッと気がついて財布を確認すると、入っていた500ユーロ紙幣が1ユーロにすり替えられていました。

実は、老人と警察を名乗る2人組はグル。お守りかどうかを聞かれ、一瞬視線を外したすきに盗まれたそうです。しかし「やられた!」と叫んだ時には、すでに遅し…。

すぐ警察に行きましたが、当時流行っていたニセ警官で、「こればっかりは騙された君たちがしょうがない」と言われてしまったそう。

当時を振り返って野村は、「彼らが見せた警察バッヂには、オランダのはずなのに保安官のようなバッヂに英語で“Special Police”と書いてありました(笑)。そんなポリス、いませんよね。必ずディテールをよく見ないといけません。親切心は大事ですが、相手が2人組だったりする時は本当に気をつけてください」と呼びかけました。

海外旅行にはトラブルがつきもの。事前に情報をよく調べ、注意して行動することが必要ですね! 次回の「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」は8月21日(日)の20時から。リスナーの皆さんからお寄せいただいた旅のエピソードとその旅に紐づいた曲をオンエアします。ぜひ、この夏の旅のエピソードを番組までお寄せください♪

【関連サイト】
「antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/travelling/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP