ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロ【桃神祭 2016】松崎しげるサプライズ登場!「愛のメモリー」に乗せて【ももクリ】開催決定を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ももいろクローバーZの夏の恒例ライブ【桃神祭2016 ~鬼ヶ島~】の二日目が、2016年8月14日に神奈川・日産スタジアムにて開催され、松崎しげるがサプライズ登場。ももクロのクリスマスライブ【ももいろクリスマス2016 ~真冬のサンサンサマータイム~】開催を発表した。

ももクロ ライブ写真

 ライブ当日、オープニングVTRが流れ、総勢414名による全国のお祭り団体が集まる圧巻のパフォーマンス後に、ももクロのメンバーはメインステージの大門から登場。「マホロバケーション」「勝手に君に」「武陵桃源なかよし物語」と今年2月にリリースされた3rdアルバム『AMARANTHUS』、4thアルバム『白金の夜明け』収録曲からスタートした。ほとんどの楽曲は武部聡志率いる“ダウンタウンももクロバンド”、そして“ヒダノ修一社中”混成生バンドでパフォーマンスされたほか、花柳社中と一緒にパフォーマンスを行った「ワニとシャンプー」、総勢100名によるYOSAKOIソーランREDA舞神楽との「WE ARE BORN」、仙台すずめ踊りとの「イマジネーション」、なまはげ太鼓との「ROCK THE BOAT」、なまはげ太鼓や花柳社中との「JUMP!!!!!」など、ももクロの夏祭り【桃神祭】でしか見られない特別な内容となった。

 後半では、一日目に続いて、9月7日に発売されるニューシングルのタイトル曲「ザ・ゴールデン・ヒストリー」をパフォーマンス。その後、突如として松崎しげるがサプライズ登場すると、「愛のメモリー」の歌詞に乗せて、12月23日、24日に千葉・幕張メッセで【ももクリ2016】を開催すると発表した。

 ライブ終盤の「ニッポン笑顔百景」「行くぜっ怪盗少女」では全出演お祭り団体総勢414名が登場。エンドステージでの噴水ショーが行われ、ライブは大団円を迎えた。

photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z

◎【桃神祭2016 ~鬼ヶ島~】DAY2セットリスト
M01. マホロバケーション
M02. 勝手に君に
M03. 武陵桃源なかよし物語
M04. ワニとシャンプー
M05. DNA狂詩曲
M06. サボテンとリボン
M07. カントリーローズ -時の旅人-
M08. ゴリラパンチ
M09. WE ARE BORN
M10. イマジネーション
M11. 労働讃歌
M12. ROCK THE BOAT
M13. JUMP!!!!!
M14. モノクロデッサン
M15. デモンストレーション
M16. ココ☆ナツ
M17. Hanabi
M18. Guns N’ Diamond
M19. サラバ、愛しき悲しみたちよ
ENCORE
EN1. ザ・ゴールデン・ヒストリー
EN2. ニッポン笑顔百景
EN3. 仏桑花
EN4. 行くぜっ!怪盗少女
EN5. キミノアト
<ACT>
“ダウンタウンももクロバンド”
音楽監督:武部聡志(key)
村石雅行(dr)
福長雅夫(per)
浜崎賢太(b)
西川 進(g)
佐藤大剛(g)
宗本康兵(key)
竹上良成(sax)
小澤篤士(tp)
半田信英(tb)
加藤いづみ(cho)
marron(cho)
“ももクロ和楽器隊”
ヒダノ修一(太鼓)
一彩(太鼓)
金刺敬大(太鼓)
小山豊(津軽三味線)
小山清雄(津軽三味線)
土生みさお(津軽三味線)
小湊昭尚(尺八)
こと(篠笛)
藤舎呂英(小鼓)
藤舎呂裕(小鼓)
堅田昌宏(小鼓)

関連記事リンク(外部サイト)

ももいろクローバーZ 新シングル収録曲MVは長添正嗣/河谷英夫が担当! 初回限定盤Bのジャケ写も解禁
ももクロ Newシングルのタイトルは『ザ・ゴールデン・ヒストリー』アー写など詳細解禁
BIGBANGが「LiveFans」2016年 上半期観客動員ランキングで1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP