ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JDI、4辺狭額縁なFull Activeディスプレイ技術を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャパンディスプレイは 8 月 9 日、ディスプレイの 4 辺をスリム化したスマートフォン向けの新型液晶モジュール「Full Active」ディスプレイ技術を開発したと発表しました。一般的なディスプレイモジュールは狭ベゼルであってもタッチコントローラーなどの制御ユニットの収納スペースが必要で、大抵は下部のベゼルを太くせざるを得ませんでしたが、Full Active ディスプレイ技術では配線の高密度化によって他の 3 辺と同等の幅に抑えています。これにより、ディスプレイユニットとほぼ同等サイズのスマートフォンの設計が容易になり、4 辺がほぼ “ベゼルレス” なスマートフォンの登場にも期待できます。JDI は Full Active ディスプレイを 5.5 インチモジュールで作成しており、まずはこのサイズのユニットが出荷されると見られます。Source : JDI

■関連記事
Google Play Developer ConsoleのAndroidアプリに新着レビューの通知機能などが追加
IFTTTのレシピ作成・登録機能が外部アプリに統合される
Floating Video Player : スマートフォンの動画やネット動画を小窓再生するアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP