ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

究極の自転車ベル&ライト?サイクリスト向けスマートデバイス「Shoka Bell」が有能すぎ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年の人気の高まりを受け、市街地でも郊外でも目にする機会が増えた自転車。通勤・通学の足として、あるいは余暇の趣味として、日ごろから親しんでいる人も多いのでは。

そんな自転車好きに打ってつけの「Shoka Bell」というスマートデバイスが、Kickstarterで人気を集めている。

Shoka Bellはベルをはじめ、ライト、ナビ機能さらには防犯アラートまで、どれもサイクリストにとって不可欠な、多くの機能を搭載したデバイスだ。

・8種類の異なる音を鳴らすベル


Shoka Bellは磁石のマウントを利用してハンドルバーに装着。自転車を降りる時には簡単に取り外すことができるようだ。

ベルはジョイスティックの操作によって、8種類の異なる音を鳴らすことができる。自動車には警笛、歩行者にはベルの音、といった使い分けが可能で、音量は周囲の環境に合わせて自動で調節するという。

・最も安全なルートをライトで示すナビ

スマートフォンと接続して利用できるのは、ナビゲーション機能。目的地をセットすると、本体の上部のライトが向かうべき方向を教えてくれる。最短距離ではなく、最も安全なルートを示してくれる点もユニークだ。

・利便性が高いライト、防犯アラートも

LEDのフロントライトも、自転車のスピードや周囲に合わせて自動で調節するため、周りから見えやすい状況を保てそうだ。

またハンドルバーに残されたクランプがモーションセンサーとして働き、誰かが勝手に自転車を動かそうとすると警告音を発するということだ。

現在、早期特典で99ドル(約1万円/送料10ドル)から入手可能。発送は来年3月を予定しているとのこと。何かと気が利いた機能が充実した、こちらのスマートデバイス。気になったサイクリストは検討してみては。

Shoka Bell

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP