ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンリパブリック 日本で制作された最新シングル「キッズ」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 待望の4枚目のアルバム・リリースが予定されている、ワンリパブリックの最新シングル「キッズ」の配信とストリーミングが、2016年8月12日よりスタートした。

 2007年発売のデビュー・アルバム『ドリーミング・アウト・ラウド』の収録楽曲「アポロジャイズ」が全世界中で大ヒット、その年の【グラミー賞】にノミネート。そして3枚目のアルバム『ネイティヴ』(2013年発売)は収録曲4曲がTop 40 Radioチャートで1位を獲得し、1,000万ダウンロードを記録。世界54か国のiTunesミュージック・ストアで1位を獲得するなど、世界的大ヒットとなったワンリパブリック。

 今回公開された「キッズ」は、バンドのヴォーカリストであり、作詞作曲を担当している、ライアン・テダー自身のこれまでの人生経験をテーマとした楽曲で、「自分自身が強くなることで、ノスタルジックな日々も過去のものとなる」という前向きなメッセージを込めた歌詞を壮大な自然を思わせるメロディーが盛り立てている。一足早く楽曲を聴いたイギリス有名誌“ザ・サン”の記者は「今間違いなくいえることが一つある。それはライアン・テダーが同世代のシンガーソングライターの中でNo.1である」というコメントを残している。

 なお、「キッズ」はライアン・テダーとブレント・カッツルによるもので、メキシコとなんとここ東京で制作された楽曲となっている。

◎「キッズ」音源
https://youtu.be/AIiTRr4lxZM

◎リリース情報
「キッズ」
ワンリパブリック
配信中
http://apple.co/2aM6wEh

関連記事リンク(外部サイト)

噂のワンリパブリック&カルヴィン・ハリスのコラボ曲はニセモノだった
ワンリパブリック、新作発売を前にファンに宛てた手書きの手紙を公開
ワンリパ、新曲MVは映画『マトリックス』にインスパイアされた

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP