体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バイクを漕がないと上映中止! ドラマ『弱ペダ』汗だく試写会レポート

バイクを漕がないと上映中止! ドラマ『弱ペダ』汗だく試写会レポート
BSスカパー! オリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』“体験”試写会
BSスカパー! オリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』“体験”試写会が8月10日、東京・港区のスターライズタワーで開催された。

8月26日(金)から全7話、BS スカパー! およびスカパー! オンデマンドでの放送に先駆けて行われた試写会では、作品の世界をリアルに感じてもらうべく、会場に人数分のエアロバイクを用意。
REDSC_0003

上映中、参加者全員が一定のケイデンス(ペダルの回転数)を達成しないと、上映が終了するという、史上稀にみる過酷な内容だ。

そんなハードな上映後は、出演キャストによるトークショーが繰り広げられた。

出迎えるのは50台のエアロバイク

yowaDSC_0014
『弱虫ペダル』は、『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載中の、高校生が自転車競技にかける青春を描いた人気漫画。2012年の舞台化、翌年のアニメ化に続き、ついに実写ドラマ化が実現した。

作品を象徴するセリフのひとつ「ケイデンスを上げろ!(上げます!)」。その言葉を真摯に忠実に徹底した、今回の実写ドラマ体験試写会。開場と同時に、事前抽選に当選したファンが続々と入ってくる。すると、スクリーン前に整然と並べられた50台のエアロバイクを前に、静かに感嘆の声を上げていた。
REDSC_0023

入場時に渡されたゼッケンを背中に貼り付け、さらにサドルやハンドルの高さを調整。水分補給用のスポーツドリンクも用意されており、着々と準備を進める様子は、まるでレースのスタート前のようだった
REDSC_0035

スタートからレース同様のケイデンスが必要に

REREDSC_0061
開演前の説明を経て、いざ上映スタートかと思いきや、まずはスクリーンに映し出されるケイデンスメーターを満タンにすることに。合図と同時に一斉にペダルを回す参加者たち。みるみるうちにメーターは上昇し、一定の回転数を達成。今度こそ、本当に上映がスタートした。
REDSC_0072

ペダルの回転数を維持しながら鑑賞するハイケイデンスタイムは、ドラマ第1話の冒頭13分。会場では、50人がエアロバイクを漕ぎながらドラマを視聴するという不思議な光景が広がっていた。

ちなみに、“一定の回転数”とは分速85回転のこと。自転車の場合、タイヤの大きさやギア比などによって一概には言えないものの、長距離の自転車競技における平均回転数とされている。実際に漕いでみると、重りが設定されていることもあって、予想以上に踏み込む力が必要だと感じた。設定された85回転は、いわゆるママチャリであれば急には止まれないスピードだろう。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。