体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「突然ですがお嬢さんを下さい」10歳の少女にプロポーズで周囲ドン引き ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-9

失恋は辛いですが、恋人との死別はどれほど辛いでしょう。しかし、別れの後には出会いあり。時は流れ、夕顔の死から約半年。源氏18歳の春です。

瘧(おこり・マラリア)が治らないので、北山の霊験あらたかな僧侶に祈祷を受けにやって来た源氏。気落ちして病気がちだった彼に、この北山で運命の出会いが待っていました。

病気続きの源氏、おてんば美少女に一目惚れ

京の桜は終わったものの、北山にはまだ桜が残っていました。お花見がてら、山の景色を珍しがって源氏がウロウロしていると、少女たちや中年の女房などがいます。「お坊さんの庵になぜ女性がいるんだろう?」源氏は惟光とこっそり覗きます。なかなか面と向かって顔を見られないからか、男も女もよく覗き見する様子が出てきます。

40歳位の上品な尼君の元に、10歳位の美少女がバタバタ駆け込んできました。「雀の子を犬君(いぬき・遊び相手の童女の名前)が逃がしちゃったの!伏籠に入れてあったのに…」手で擦った顔は真っ赤で、髪は肩のあたりでゆらゆらとなびいています。

彼女の乳母らしい中年の女性が「そそっかしい犬君ね、せっかく雀の子もなついて可愛くなっていましたのに。カラスにつつかれでもしたら大変だわ。叱ってやらないと」と、席を立って行きました。尼君は「まあ。生き物を閉じ込めたりしては、仏様の罰があたるといつも言っているのに。髪を梳かしてあげるから、こっちにいらっしゃい……」少女は祖母の前に座ります。

「梳かすのを嫌がるけど、とってもキレイな髪ね。それにしてもあなたはどうしてそんなに幼いの。お母様は、あなたくらいのお年にはもっと大人でいらしたわよ。おばあちゃん、あなたがしっかりしてくれないと、心配で死ぬに死ねないわ」。病気のおばあちゃんの繰り言に、少女も悲しそうにしています。

祖母と孫娘のやり取りは、おばあちゃん子だった源氏には懐かしいものでした。(とても可愛いなあ。それに、不思議なほど藤壺の宮によく似ている!)源氏は心を動かされ、ソワソワしはじめます。

「突然ですがお嬢さんを下さい」源氏の暴走に周囲ドン引き

源氏は祈祷もそこそこに、僧侶に訊いてみました。「あの尼は私の妹で、夫に先立たれて出家しました。娘が一人おり、兵部卿宮さまとの間に孫娘が生まれたのですが、本妻にいじめられて死にました。気苦労で病むというのは本当にあるんですね」。兵部卿宮は藤壺の宮の兄なので、少女は藤壺の宮の姪になります。

源氏は(なるほど血縁か、似ているはずだ!ここで彼女に会ったのも、神仏のお導きかも)。「突然ですが、あのお嬢さんを私に下さいませんか」。突然すぎだよ!!出し抜けのプロポーズに、僧侶は「いやはや、あの子のことは妹に任せているので」。僧侶じゃなくてもこんなこと言われたらびっくりです。

源氏は諦めません。今度は尼君へ「自分もおばあちゃん子で育って、あの子を他人とは思えない」などむちゃくちゃ言い、猛烈アタック!「嬉しいお話ですけど、何か思い違いをなさっているのでは。まだ本当に子どもなので、年頃になりましたら…」。暴走する源氏に、僧侶も尼君もみんなドン引きです。

そんなこんなで病気はすっかり回復。源氏はお迎えの人たちと帰京します。帰る直前、ダメ押しのアタックを試みますが「今はなんとも。あと数年経ってどうしても、という事なら」。源氏もさすがに「そりゃそうだよな」と思いますが、どうにもしつこくて、ちょっと怖いよ……

少女は源氏の様子を見送りながら「お父様より素敵」。尼君が「じゃあ、あの方の子どもになる?」と聞くと「うん」。それからはお人形遊びにも、お絵かきにも必ず『源氏の君』キャラを作って、きれいな服を着せて遊んでいます。この源氏の君こそが、彼女の生涯のパートナーとなるとも知らず…。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy