体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴキブリ、蚊、ねずみ……害虫・害獣対策まとめ

ゴキブリ、蚊、ねずみ……害虫・害獣対策まとめ

東京では梅雨も開け、いよいよ夏本番! ただ、暑くなってくると寒い冬は影を潜めていた害虫や害獣たちも活動が活発になってくる時期でもあります……。家のなかに潜む蚊やゴキブリといった害虫と、鳩、ハクビシン、ネズミといった害獣について、その対処法についての記事をまとめました。

ゴキブリに蚊、害虫には薬剤が効果的

あの不快な「プーン」とおさらば! アース製薬に聞く蚊対策

(2016年6月7日掲載)

“「蚊を家に入れないことなど不可能です」

蚊は、そもそも人間の体温や匂い、呼気(吐く息)に含まれる二酸化炭素などを感知して、人に寄って来るのだと言う。だから、どんなに扉や窓を厳重に閉めても、家に出入りする際に、人の体や服について家の中に入ってきてしまうと言うのだ。”【画像1】住宅街に生息する蚊は主にこの2種類。左:「ヒトスジシマカ(ヤブカ)」。日中に活動するが、気温が30度を超えると、高温を嫌って日陰に入る習性があるため、文字通り、「藪」に潜んでいたりする。家の中には入ってこない。/右:「アカイエカ」は、夜から朝にかけて活動する。家の中に入ってきて人を刺すのは、こちらの種類だ(画像提供:アース製薬)

【画像1】住宅街に生息する蚊は主にこの2種類。左:「ヒトスジシマカ(ヤブカ)」。日中に活動するが、気温が30度を超えると、高温を嫌って日陰に入る習性があるため、文字通り、「藪」に潜んでいたりする。家の中には入ってこない。/右:「アカイエカ」は、夜から朝にかけて活動する。家の中に入ってきて人を刺すのは、こちらの種類だ(画像提供:アース製薬)

“どんなに頑張っても、家の中に蚊が入ってくることは防げないとなると、今度は、家の中に入って来た蚊をなんとかするしかない。どうすればいいのか。渡辺さんの答えは明快だ。

「それには、家の中を『蚊に刺されない空間』にすることです」

「電源を入れて使う液体蚊取りのように薬剤を揮散させるタイプの蚊取り器なら、薬剤が常に出ていて家の中に充満しているため、蚊が人の体や服について家の中に入ろうとしても、家の中に満ちている薬剤をいやがって入ってきにくくなります。常にスイッチを入れておくことで薬剤の濃度を一定にキープしておけば、仮に入ってきたとしても、10分程度でポトッと床に落ちるでしょう」(渡辺さん)”

◎春到来! わが家のゴキブリを徹底的に退治するには?

(2016年4月12日掲載)

“「確かに、家電製品の裏側や中、段ボールの隙間など、暖かいところで冬を越したゴキブリが、春になると出てき始めます。当社の『毒餌剤(どくじざい)』も、一番売れる時期は5月。出てきたゴキブリの姿を目にして購入する人も多いのでしょう」”【画像2】左: アース製薬が勧めるゴキブリ駆除スケジュール。春先と夏、ゴキブリが爆発的に増える前の時期が駆除のベストタイミングだ

【画像2】左: アース製薬が勧めるゴキブリ駆除スケジュール。春先と夏、ゴキブリが爆発的に増える前の時期が駆除のベストタイミングだ

“目の前に現れたゴキブリをすかさず仕留めるには、直接ゴキブリにかける殺虫スプレーが有効だ。ただし、「ゴキブリを1匹見つけたら100匹いると思え」という通り、その背後にはもっと多くのゴキブリがうごめいているはずだと言う。”

“では、ゴキブリがすでに家に侵入していて、卵まで産んでいるとなったら、まずどうしたらいいのだろう?

「ゴキブリは暗い隙間に巣をつくって集団で身を寄せ合っています。駆除するためには、細かい隙間に薬剤が届きやすい『くん煙剤』を焚くのが有効です」(渡辺さん)“

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。